ガジェット

【どっちがおすすめ?】Beats XとAirPodsProを比較!

考えている人
Beats X(Flex)AirPods Proどちらが良いんだろう・・・。

自分の用途にあった選び方をしたいな。

上記のような悩みを解決していきます。

本記事の内容

  • AirPodsProBeatsX(Flex)との比較
  • 比較すると意外と多いBeatsX(Flex)のデメリット
  • AirPodsProは価格が高いがどう考える?
  • 用途別に選ぶBeatsAir Pods Pro
  • 首掛けタイプと完全独立型とどっちを選ぶ?

本記事の信頼性

先日1126日にauショップにてBeats Xを買いました。

Air Pods Proも毎日使っているので比較をしていきます。

先にネタバレですが、実際に2つのイヤホンを持っていると、Beats X(Flex)にはデメリットが意外と隠れているということがわかりましたので共有していきます。

Beats X(Flex)の購入を強く検討していた方も、ぜひこの記事を読んで、「しまった、こんなはずじゃなかった・・・」とならないようにしてくださいね。

ちなみにBeats Xのレビューについては以下の記事で解説しています。

また、Beats XBeats Flexの比較についても以下の記事で触れています。

【買う前に見て!】Beats X,FlexとAirPodsProを徹底比較!

【どっちがおすすめ?】Beats XAirPodsProを比較してみた!

早速結論から言ってしまいますが、Air Pods Proの方がおすすめです。

Air Pods Proがおすすめな理由

  • ノイズキャンセリング機能
  • ケースに入れるだけで充電してくれる
  • かなり気楽に使える
  • 耳に優しい

上記のことは記事の中で全て深掘りして解説しています。

Air Pods Proの方が価格が高いので当たり前といえば当たり前ですね。

とはいえ、それぞれのメリットデメリットもありますのでそこも含め解説していきます。

Air Pods ProBeats Xの比較でわかるメリット・デメリット

AirPodsProBeats X(Flex)の機能やスペックを比較していきます。

ノイズキャンセリング ワイヤレス充電 タイプ 連続再生時間 AndroidやPCでの利用
Air Pods Pro 完全ワイヤレスイヤホン 24時間
Beats X(Flex) × × 首かけタイプ 8時間(12時間)

上記の表の通りです。

こういう風に比較していくとBeatsでも全然問題なさそうに見えますよね。

まあ、実際にBeats Xは快適ですし音質も良いです。

ですが、冒頭でも言ったとおり、Beats X(Flex)には思わぬデメリットがあるので解説していきます。

比較すると意外と多いBeatsX(Flex)のデメリット

Beats X(Flex)のデメリット

  • 壊れやすいという報告が多い
  • ストールなどを巻くと耳から外れやすい
  • 電源のオンオフが面倒くさい
  • ノイズキャンセリング機能がないのでついつい爆音になる
  • 音漏れをしやすい

上記のとおり。解説していきます。

Beats X(Flex)にに故障報告が多い

実はBeats XFlex)には壊れやすいというデメリットがあるようです。

事実、「買って1年で壊れた」という人が多くいらっしゃいます。

多分壊れやすい理由としては、線が絡まることやイヤホンの線の形状が原因なのかなーと感じています。

僕も以前、Beats Xみたいな「きしめん」のような見た目をしているイヤホンを使っていたことがありますが割とすぐに壊れました。

ストールなどを巻くと耳から外れやすい

これは「Beats X(Flex)が」というより、有線イヤホンすべてに言えることです。

特にストールやネックレスなどをつけているときは絡まったり、イヤホンが外れたりしてちょっとしんどいです。

一方のAirPodsProは完全ワイヤレスなのでコードが絡まったり、それによってイヤホンが外れたりということもありません。

電源のオンオフが面倒くさい

Air Pods Proを使っていると本当に感じます。

ランプの点灯が分かりづらいので、Beatsの電源がオンなのかオフなのか全く分かりません。

電源がついていないと思って、ボタンを長押ししてみるも結構長い時間オンにしていないと電源が付かないのもちょっと不便ですね。

Beats X(Flex)を使っている人もこれに関しては同じ意見を持つ人も多いみたいです。

nbsp;

一方のAirPodsProはケースからイヤホンを出すだけで自動でオンになってくれます。

また、しばらく使っていないと自動でオフになってくれるのでかなり便利です。

ノイズキャンセリング機能がないのでついつい爆音になる

AirPodsProはノイズキャンセリング機能がついているので、周りがうるさくてもほぼ無音にできます。

ですので、そこまで音量を上げずとも快適に音楽が楽しめます。

一方、Beatsは周りの音をかき消したいがためについつい爆音にしてしまいがちです。

そのつもりはなくても、気が付いたらかなり音量が大きくなっていたという経験はありますよね。

当たり前ですが、爆音で音楽を聞くとかなり耳に悪く、将来、難聴になるリスクが上がってしまうので避けたいですよね。

ノイズキャンセリングのメリット

Air Pods Proについているノイズキャンリング機能にはかなり多くのメリットがあります。

ノイズキャンセリングとは簡単にいうと、周囲の音をかき消すことができる機能です。

ノイズキャンリングのメリット

  • バスや電車などの外部の音を遮断できる
  • 音楽を聞かなくても外部音を遮断できるので、勉強や仕事など集中したいときに便利
  • 周囲の音をかき消すので、映画やドラマを集中して快適に楽しめる
  • 外部の音を遮断しているので、音を大きくする必要がない

上記のとおり。

ちなみに、AirPodsProはノイズキャンリングとは真反対の「外部の音を取り込む機能」も搭載されているので、日常生活での会話シーンや、散歩やランニングなど外部の音が聞こえないと逆に危険なシーンでも大活躍します。

音漏れをしやすい

先ほどの話とちょっと関係しています。

Beats Xは周りの音をかき消そうと思ったら爆音にするしかありません。

爆音にするつもりがなくても、ついつい音量を上げてしまいがちなので、意外に音漏れも結構しているみたいです。

周りに迷惑をかけるのももちろんですが、自分の聴いている音楽を周りに聞かれるのはちょっと恥ずかしいですよね。

これまで挙げてきたデメリットはAirPodsProには一切ないのでそういった意味ではAirPodsProの方が圧倒的におすすめです。

AirPodsProは価格が高いがどう考える?

Air Pods Proのデメリットは価格が高いことです。

とはいえ、Beats XFlex)よりも遥かにメリット多いです。

価格の高さ以上に価値が高いので人気なのは当たり前ですよね。

用途別に選ぶBeatsAir Pods Pro

価格差があるので用途別にイヤホンを選ぶのもありです。

Beats X(Flex)を選ぶべき人

  • とにかく価格が安く、気軽に使えるBluetoothイヤホンが欲しい
  • 友人や家族とのちょっとした電話や通話に使う

Air Pods Proを選ぶべき人

  • 全ての人
  • スポーツに集中したい人
  • 勉強に集中したい人
  • ドラマや映画を快適に楽しみたい人
  • 耳を大切にしたい人
  • 周りに音も拾いつつ快適に音楽を楽しみたい人

まとめ【どっちがおすすめ?】Beats XAirPodsProを比較してみた!

いかがだったでしょうか。

圧倒的にAirPodsProの方がメリットが多いというのは事実ですが、だからといってBeats X(Flex)がダメかと言われると、そうではありません

あくまで「AirPodsProと比較をすると」というお話です。価格差が大きいので性能の差があるのは当たり前です。

とはいえ、Beats Xは壊れやすいということもあり、結局買いなおすハメになっている人も少なくありません。

長いで目見ると、後悔したくない人は少し奮発してでもAir Pods Pro を選んでいる印象が強いです。



The following two tabs change content below.

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

-ガジェット
-, , , , , ,

© 2021 161ろぐ Powered by AFFINGER5