【DTM】ミックスが上手い人は使っているiZotopeのNeutron 3【使い方も解説】

スポンサーリンク
DTM

こんにちは161Pです。

さっそくですがiZotopeの製品の凄さを知ってほしいので、知らない人はもちろん、検討している人は以下のiZotopeのプラグインを使ったミックス・マスタリング例を聴いてみてください。

※音が大きいので気を付けてください。

Before

After

楽曲

凄いですよね。これほぼ自動ですよ。以下詳しく解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

さて本題です。

タイトル通りですが、iZotope社、Neutron 3のレビュー+おすすめの使い方を解説していきます。

もちろんiZotopeやNeutron 3を現時点で知らない人にもわかりやすく解説していきます。

この記事は以下のような人は読むべきです。

・Neutron 3などiZotope社のプラグインを知らない方(これが一番もったいない)
・ミックス・マスタリングに割く時間を極限まで減らしたい方

・最短でミックス・マスタリングの技術を上げたい方
・簡単にミックス・マスタリングのクオリティを上げたい方

それでは解説していきます。

Ozone 9については以下の記事で解説していますので参考にしてください

【DTM】ミックスが上手い人は使っているiZotopeのOzone 9【使い方も解説】
iZotopeのOzone 9の使い方・レビュー!DTM、ミックス、マスタリングが上手くなりたい人必見!

iZotopeって何?Neutron 3ってなに?

「iZotope」は会社の名前です。

iZotopeとは

米国マサチューセッツ州ボストン近郊にある音楽テクノロジー会社。
音の世界を革新するソフトウェアやプラグイン、次世代ポータブルレコーダーSpire Studio、Spireアプリを開発している(公式Twitterより引用)

Neutron 3ってなに?

Neutron 3は同社が開発したプラグインです。

どんなプラグインか。なんとAIを利用して自動でミキシングしてくれます。

その他にもNeutron 3にできることは多くあります。以下の通りです。

・全てのトラックのボリュームを自動で調整
・コンプレッサー、EQ、エキサイターの自動処理
・調整後もさらに自分好みの音にカスタマイズ、調整できる

文章で説明するよりも聴いてもらったほうが早いです。

全てのトラックのボリュームを自動で調整

Neutron 3は全てのトラックのボリュームを自動で調整してくれます。

例えば以下のサンプルのような感じです。音が大きいので気を付けてください。

Before

After

Beforeはそれぞれのボリュームが初期値なのでごちゃごちゃしていますよね。

Afterではそれぞれのボリュームきちんと整っています。

ね?すごいでしょ。これも全自動です。

操作がシンプル

使い方も簡単です。

1.すべてのトラックにRelayを挿します

2.マスタートラックにNeurtron3を挿します。
3.「Assistant」→「Balance」選択。

 

 

 

4.どのトラックを強調させるかを選びます。

今回はボーカルが圧倒的に埋もれているのでボーカルにフォーカスします。

ちなみに「Assist項目」に「Relay14.Relay15.Relay16」となっていてどの楽器が分かりづらいですよね。

これはトラック名が日本語になっていると起きてしまいますので、トラック名は英語にした方が良さそうです。

5.楽曲を再生します。

6.終わり。

7.自動調整後にお好みのサウンドにさらにカスタマイズもできます。

一番上のトラック「percussion」のタイプが「Musical」になっているので、これを「percussion」にしてあげることでさらに精度が増します。

VISUAL MIXERを使えばPanの配置も楽々

調整後はすべてのパンがセンターにいるので、VISUAL MIXERを使って直感的に配置していきます。

ここで細かな音量調整や、サウンドの広がりを調整することもできます。

また、ミックスをする上で音の配置を視覚的に確認できるので、ミックスを勉強したい方にも最適です。

コンプレッサー、EQ、エキサイターの自動処理

ボリューム・パン調整が終わったら、コンプレッサー、EQ、エキサイターなどのエフェクト処理もしたいですよね。

それも自動でしてくれます。ウケます。

サンプルとしてこの楽曲のピアノ音源を用意しました。

こちらもBefore、Aafterを聴いてみてください。

Before

After

ちなみに使っている音源はXLN Addictive Keysです。


xln audio/AK Trio Bundle【数量限定特価キャンペーン】【オンライン納品】【在庫あり】

使い方

1.エフェクト処理をしたいトラックを選択して、Neutron 3を挿します。

2.先ほど「BALANCE」を選択しましたが、次は「TRACK ENHANCE」を選択

3.楽器の種類を選択して、どんな感じに仕上げるか選びます。

4.楽器トラックを再生して終わり。

5.自動調整後にさらに細かな調整ももちろんできます。

6.エフェクト処理の順番を変えることもできます。

他の製品も素晴らしい

iZotope社の製品はほかにもたくさん種類がありますがどれも素晴らしいです。

Ozone 9は自動でマスタリングしてくれますし、Nectar 3はボーカルのエフェクト処理、ノイズ処理などもしてくれます。

iZotope社製品のおすすめの使い方

iZotope社製品のおすすめの使い方は以下の通りです。

・ミックス・マスタリングを時短する。
・普段のミックス・マスタリングのクオリティを上げる。
・ミックス・マスタリングの勉強に使う。

価格はOzone 9,Nectar 3込みで通常8万円くらいしますが、正直安いです。

なぜなら以下のことができるから。

・今後のミックス・マスタリングにかかる時間が大幅に減る
→それ以外の創作活動に時間をさける
・自動ミキシング・マスタリング機能を使って、エフェクトの最適な値や使い方を知る
→今まで自分で試行錯誤して勉強していた時間が効率化される。

ミックスってプロでも数時間かかったり、初心者の人は1日~1週間くらいかけてすると思いますが、これを使ったら今後はその時間が激減します。

例えば普段6時間くらいかける人が100曲ミックス・マスタリングすると600時間は拘束されますよね。エンジニアならそれが仕事かもしれませんが、作曲・編曲がメインの人にとってはこの時間を極力減らしてさらに曲を作りたいですよね。

iZotope社のAIに任せて、2時間くらいに短縮出来たら2時間×100曲=200時間なので400時間は時短できます。この時間を使ってもっと曲を作れるようになります。

それが今後も永遠にできると考えたら8万円は安すぎです。というか実質無料ですよ。曲つくりの仕事ですぐに回収できます。

ココナラやクラウドワークス、ランサーズで活動している人にとっても、時短になる分、実質時給が上がることになるのですぐに回収できます。

とはいえ、高いというに朗報

現在最上位版のセールをしているみたいで、通常8万円ほどするプラグインが2万台になるというもはや意味が分からないくらい破格になっています。もちろんOzone 9やNectar 3もバンドルされています。


[数量限定 超得セット] iZotope Ozone9 Advanced/ Neutron3 Advanced/ Nectar3 [Tonal Balance Bundle] 【アイゾトープ】

※数量限定みたいなのでお早めに。

まとめ

今回はiZotope社のNuetron 3について解説してきました。

控えめに言っても神プラグインです。

Ozone 9やNectar 3について知りたいっていう人も多くいらっしゃるみたいなので、追々更新していきます。

Ozone 9については以下の記事で解説していますので参考にしてください

【DTM】ミックスが上手い人は使っているiZotopeのOzone 9【使い方も解説】
iZotopeのOzone 9の使い方・レビュー!DTM、ミックス、マスタリングが上手くなりたい人必見!
The following two tabs change content below.
161P

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました