Canon EOS R5,R6の価格、発売日、画素数、スペックを比較

スポンサーリンク
ガジェット

Canonからミラーレスフルサイズ一眼レフが新機種2つが発表されました。

名前はEOS R5(460,000)と EOS R6(305,000

公式的にはEOS R5の方が上位モデルというポジションみたいですが、スペックを見てみるとそういうわけでもなさそうです。

今回はそれぞれの特徴や共通点などを解説していきます。

発売日はEOS R57月下旬、EOS R68月中を予定しています。

どちらを購入するかをこの記事を参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

従来のEOS Rに比べてEOS R5 EOS R6ともに大幅改善!

EOS R5 EOS R6 では、EOS Rで不評だったマルチファンクションバーが廃止され、以下が追加されました。

・マルチコントローラー

・サブ電子ダイヤル

従来の残念だったポイントを改善して、より5D Mark IVのように使いやすくなりました。

マルチファンクションバーはかなり使いづらかったので嬉しいですね。

EOS R5 EOS R6 それぞれ外観の違い

外観はほぼ同じですがが、MODEボタンに大きな違いがあります。

EOS R5はディスプレイ付きになっていますが、EOS R6は完全にボタンになっています。

好みで分かれるところですが、個人的にはディスプレイを見なくてもすぐに切り替えられるEOS R6の方が好きですね。

スポンサーリンク

EOS  R5 EOS R6を比較してみた

EOS R5 と EOS R6の比較を分かりやすくするために、比較表を作ってみました。

以下の通りです。

EOS R5 EOS R6
映像エンジン DIGIC X DIGIC X
センサー 4500万画素 2010万画素
常用ISO感度 ISO 51200 ISO 102400
低輝度合焦限界 EV-6 EV-6.5
動画性能 8K 30p 4K 60p
4K 120p FHD 120p
EVF(電子ビューファインダー) 576万ドット 369万ドット
バリンアングルモニター 3.2型(210万ドット) 3.0型(162万ドット)
MODEダイヤル ディスプレイ MODEダイヤル
動画撮影時間 29分59秒 29分59秒
その他特徴 解像度が高い 暗所に強い
動画性能はEOS R5の方が8K撮影ができますがあまり実用的ではないので、そうった意味ではどちらも動画性能は申し分ないですね。

電子ビューファインダーはEOS R5の方が少し大きくて、画面も綺麗です。

以下、その他のスペックを深掘りしていきます

EOS R5は解像度が高い、EOS R6は暗所に強い

EOS R5の方が解像度が高いので、一見するとEOS R5の方が良さそうに見えます。

ですが、カメラはそんなに単純でありません。

確かに解像度はEOS R5の方が高いですが、1画素あたりの面積はEOS R6の方が広いので、EOS R6は暗所に強いです。

常用ISO感度と低輝度合焦限界から見てもEOS R6の方が暗所に強いことが分かります。

EOS R5 EOS R6
常用ISO感度 ISO 51200 ISO 102400
低輝度合焦限界 EV-6 EV-6.5

共通項目

以下はEOS R5 EOS R6のどちらにも搭載されている機能やスペックについてまとめました。

  • マルチコントローラー搭載
  • サブ電子ダイヤル搭載
  • 映像エンジン:DIGIC X
  • ボティ内手ブレ補正搭載
    手ブレ補正レンズとの組み合わせも可能
  • 動物瞳AF対応
  • デュアルカードスロット対応
  • 動画撮影時間は2959秒まで
  • 動画クロップが60fpsFHD4K対応)に対応
  • HDMI端子がminiからmicroに変更

ボディ内手ブレ補正

今回のCanonは本気を出してきていますね。

5軸の手ブレ補正をボディ内に搭載しています。これにより写真や動画などの撮影時に手ブレをかなり抑えることができます。

また手ブレ補正付きのレンズと組み合わせることによってほぼ手ブレのない撮影をすることができます。

これは嬉しすぎる。。。

動物瞳AF対応

動物を撮る人にはかなり嬉しいですね。

動物の動きに合わせて自動でフォーカスしてくれます。

暗所でも動物瞳AFが働くみたいなので夕方や夜の撮影にもむいています。

デュアルカードスロットにやっと対応

むしろ今までなぜ対応していなかったのかが謎です笑

でも、ついにデュアルカードスロットに対応したので、プロの人やバックアップを取りたい人もCanon機を選べるようになりました。

動画クロップが60fpsFHD4K対応)に対応

従来のEOS Rでは動画クロップ60fpsに対応しておらず、ガッカリしたYouTuberなどもたくさんいましたが。

ですが、今回はから動画クロップ60fpsがFHDにも4Kにも対応しました。

スポンサーリンク

EOS R5EOS R6どちらが良い?

EOS R5EOS R6どちらが良いんでしょうか。

結論、「好み」としか答えようがないです。

どちらにも良いところがありますからね。

でもあえて結論を出すとすれば、価格が安く暗所にも強いEOS R6の方がコスパが高そうですね。

そもそもほとんどの人はスマホの画面でしか写真や動画を見ないので、そういった意味では高解像度のEOS R5を選ばないといけない人は少ないのではないでしょうか。

どうしてもRAW編集する人は写真家、その他プロなど、どうしても高解像度は必要な人はEOS R5。

それ以外の人はEOS R6を選んだ方が失敗しないような気がしますね。筆者はEOS R6を購入予定です。

よくある質問

EOS R5/R6はUSB給電・充電に対応していますか?

 

対応します。ただし、市販の充電器では正しく給電されないことがあるので、キヤノン純正アクセサリー「USB電源アダプターPD-E1」の使用をおすすめします。USBから電源を供給する際は、カメラの電源スイッチはONにしてください。

また、USB経由でバッテリー充電を行う際は、カメラの電源スイッチをOFFにしてください。カメラの電源がOFFでも、スマートフォンでカメラを操作中には充電が行われません。なお、旧型バッテリーのLP-E6はUSB充電できません。

——8K/4K動画は連続でどれだけ撮れますか?

温度上昇にともなう撮影時間の制限があります。動画記録サイズ・記録形式が「8K RAW 30p」および「8K 30p」では約20分、「4K 60p[クロップ:しない]」では約35分、「4K高画質30p」では約30分、「4K 60p[クロップ:する]」では約25分です。この数値はカメラがコールド・スタートで、常温23度の場合です。

撮影状況や撮影環境により、カメラ内部の温度が上昇した場合には、さらに撮影時間が短くなる場合もあります。またコールド・スタートでも、記録を開始する前にカメラの設定操作や、ライブビュー状態を維持することなどによってカメラ内部の温度上昇があるため、撮影時間が短くなる可能性があります。

最大撮影時間に達すると、動画記録を停止し、カメラをシャットダウンします。なお、カメラ内部の温度が14度未満の場合は、上記の制限より撮影可能時間が長くなる場合があります。

——ボディ内手ブレ補正の効果について教えてください。

EOS R5とEOS R6は、EOSシリーズで初めてボディ内手ブレ補正機構(IBIS)を搭載しました。手ブレに連動して撮像センサーを動かす機構を搭載することで、IS非搭載のレンズを装着しても、5軸の高い手ブレ補正効果を実現します。RF28-70mm F2L USMやRF50mm F1.2 L USMなどの超高画質レンズや、豊富なラインナップのEFレンズを使用しても、強力な手ブレ補正効果を得ることができます。

【キャノンに聞いた「EOS R5」「EOS R6」一問一答】より引用

The following two tabs change content below.
161P

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました