iPad 第8世代・32GBと128GBどっちのストレージを選ぶ?

スポンサーリンク
ガジェット
悩んでいる人
悩んでいる人

iPad 第8世代が欲しいけど、32GBと128GBどちらを選ぼうかな。コスパ最強のモデルだからわりきって32GB買った方がいいのかな。それとやっぱり128GBかな?

上記のような悩みを解決していきます。

✔︎本記事の内容

  • iPad 第8世代の32GBと128GBどちらを選ぶべきか
  • 用途にあわせて選ぶストレージ

✔︎本記事の信頼性

先日iPad 8世代を購入しました。実際に使ってみたボクだからこそ今回のストレージ問題を解決できます。YouTubeでもいろんな解説をしています。(記事の最後に貼っておくのでぜひ、どうぞ。)

結論、あなたは128GBを選んだ方がいいです。というか絶対に128GBを選ぶと思います。とはいえ、最終的にはこの記事を読んでから判断してみてください。

✔︎iPad 第8世代のラインナップを見る

iPad 8世代 32GBはこちら
iPad 8世代 128GBはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPad 第8世代・32GBと128GBどっちのストレージを選ぶ?

結論、128GBを選ぶべきです。

なぜなら、シンプルに32GBは少なくすぎるからです。

 32GBは少なすぎる

繰り返しですが、32GBは少なすぎです。

現代のスマホでも最低64GBはある時代に32GBはもうほぼなにもできません。

ボクは128GBを購入しましたが、実際にまだ4日しか経っていないのにもう28GBちかく使っています。

荒野行動やPUBG、音ゲーなどゲームをやる人は特に注意が必要です。

なぜなら、ゲームはたくさん容量を使いますからね。

32GBのiPadだと、おそらく重たいアプリは3個か5個くらいしかインストールできないでしょう。

32GBを買っても32GB使えるわけではない

これは128GBでも同じことが言えます。

なぜなら、「システムファイル」が最初から入っているためです。

 

かなり見づらいですが、iPad 第8世代の初期設定が終了した直後のシステムファイルは12.9GBです。つまり、実際に使えるギガ数は19GBくらいです。

システムファイルとは、iPadを動かすために必要なものです。脳みそ人間でいうと脳みそに近いかもですね。

しかも残念なことにシステムファイルは絶対にアンインストールすることができません。

 128GBはコスパ最高です。

iPad 第8世代の価格は、32GBで34,800円です。128GBで44,800円です。

せっかく買うなら、たった1万円の差で128GBを選べるのでコスパ最強です。

いやいや「1万円は高いよ」と思う人もいるかもしれませんが、32GBを選んで、ストレージの少なさに悩む方が時間的にもお金的にもムダですね。

「外部ストーレジを使えばいいのでは」という声もありますが、それこそコスパ悪すぎです。そもそもiPadは外部ストレージとの相性があまり良くないです。

事実、私も仕事のデータを外部ストレージに移すことがあるのですが、データを移す時間が長いのでストレスなんですよね。

なので最初から128GBを選んでいた方が失敗がなく安心です。

32GBを選んでも大丈夫な人

以下の通りです。

  • 何もダウンロードしない人

わかりにくいので例えば、

  • YouTubeしかみない
  • ちょっと調べ物をするだけ
  • ネットショッピングしかしない

などです。本当に何もダウンロードしない人は32GBでも大丈夫です。

とはいえ、今後いろいろやりたくなったときには困るかもしれません。

後悔したくなければ128GBを選びましょう。

結論、繰り返しになりますが、失敗したくなければやはり128GBを選びましょう。

理由をまとめると

  • 32GBはそもそも少なすぎる
  • 32GBすべて使えるわけではない
  • 外部ストレージはお金と時間のムダの可能性が高い

上記のとおりです。

iPad 第8世代 32GBは一番安いといっても34,800円はします。

せっかく買ったのにストレージに悩まされるのはもったいないので、ここは思い切って128GBを選びましょう。

✔︎iPad 第8世代のラインナップを見る

iPad 8世代 32GBはこちら
iPad 8世代 128GBはこちら

iPad 第8世代についてはYouTubeでも解説しているので気になる方はチェックしてみてください。

The following two tabs change content below.
161P

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました