ガジェット

【知らなきゃ損】iPad Proにマジックキーボードは必要か

考えている人
iPad Proにマジックキーボードって本当に必要なの?

上記のような人向けの記事です。

本記事の内容

・マジックキーボードはあった方が良い?

・マジックキーボードを買うべき人

・iPadに付加価値を与えるのがマジックキーボードの魅力

本記事の信頼性

iPad 8世代、Air4,Pro(2020)すべてを持っているiPadマニアが解説です。

毎日iPadを使ってブログや動画編集、写真編集、読書、勉強、ゲームなどもいろんなことをしているマニア目線で解説します。

先日、白いマジックキーボードが発売されてかなりの話題になりましたよね。

僕もレビューしましたが、さらさらしてて打ち心地が良くて最高でした。

でも、「マジックキーボードって本当必要なの?」って疑問を持っている人も多いみたいなので、今回はマジックキーボードの魅力をお伝えしていきたます。

>>Magic Keyboard(ホワイト)を試してみる方はこちら

>>Magic keyboard(ブラック)を試してみる方はこちら

マジックキーボードはあった方が良い?

結論、絶対あったほうが良いです。

しかもこれは文章を書かない人にもおすすめです。

これにはちゃんとした理由があるのでお話ししていきます。

マジックキーボードを買うべき人

マジックキーボードはいるのかいらないのか」

この軸でお話をすめると「別に必要ない」という結論を出す人が多いですが、これは大きな誤解です。

というか本来「いるかいらないか」で議論するときには「価格」については考慮する必要はないですよね。

とはいえ、私たち「消費者」にとっては

現実問題、価格は考慮せざるを得ないので今回は「こういう人は4万円投資してでも買うべき」というテーマでお話ししていきたいと思います。

具体的には以下のような人です。

・iPadをパソコンとしてもタブレットどっちも欲しい人

・作業の効率を上げたい人

それぞれ解説をしていきます。

マジックキーボードを買うべき人

iPadをパソコンとしてもタブレットとしても使いたい人はマジックキーボードを買うべき。

「iPadにマジックキーボードつけるならMacBookでよくね!」

上記のように思っている人は結構多いと思うんですけど、実はこれ大きな誤解をされています。

理由をお話しいていくと、そもそもiPadにマジックキーボードをつけている人って「別にiPadをパソコンとして使おう」と思っている人なんていないんですよね。

じゃあ、なぜわざわざマジックキーボードを使っているのか。

それは「マジックキーボードを付けることによって「パソコンにもなる」から使っている」んですよね。

どういうことかっていうとつまり、

マジックキーボードは、iPadのタブレットとしての価値に、さらにパソコンとしての価値を与えてくれるものなんですよ。

まだ「よくわからない」という人がほとんどだと思うので平たく解説をしていきます。

マジックキーボードはiPadとパソコンの弱点を両方ともカバーしてくれる代物。

iPadとパソコンを比較するとそれぞれメリットやデメリットがありますし、弱点などもあります。

でも、マジックキーボードを使えば両者の弱点をカバーすることができるんですよね。

例えば、iPadってなんでもできますよね。

・絵も描ける

・写真や動画も撮れるし編集もできる

・電子書籍やゲームなどのコンテンツを何不自由なくこなすこともできる

・画面が大きいので、映画やアニメを見たりなど普段使いにも使える

・料理をしているときや楽器を弾くときにレシピや楽譜を見ることもできる

とはいえ、でもiPadにも弱点があります。例えば、

・文章を打ったり

・画面を触らずにカーソル移動をしたりする

・机に置いても自立するわけでもないです。

上記のようなことです。

一方のパソコンだったら、マウスもキーボードもついているから、さっき言ったようなことは全部クリアできます。

ところがパソコンにも弱点があります。

・絵を描いたり、気軽に写真や動画を撮ることもできません

・パソコンで電子書籍を読むのもなかなかしない

・スマホアプリを気楽に使い倒すことも難しい

・パソコンは画面が大きいので映画やアニメなどの映像は楽しめるかもしれませんが、液晶だけちぎるわけにはいけません。
→深夜お布団で気軽にアニメを見たり、ソファで液晶を手に持って書籍や映画を見ることも難しいですよね

・そのほかにもレシピや楽譜を見るにもキッチンや譜面台にパソコンを置くすペースなんてないですし、邪魔ですよね。

でも、マジックキーボードがあればそれら全てをクリアすることができます。

もう何が言いたいかわかりますよね。

つまるところ、マジックキーボードがあるのとないのとじゃPadにできることの幅も違いますし、効率やクオリティも全然違います。

繰り返しですが、マジックキーボードって、iPadのタブレットとしての価値に、さらにパソコンとしての価値を与えてくれるものです。

言うなれば両者の良いところを全てカバーできる物なんですね。

マジックキーボードによく似た商品はできれば避けておこう

こんなこと言うと「マジックキーボードによく似たような製品がアマゾンであるじゃん」っていう意見も飛んできます。

ところが、あのようなサードパーティ製と純正では圧倒的に質が異なります。

実際に僕もiPad第8世代にMagicKeyboardのようなものを使ったこともあるのですがデメリットが多いです。

・接続が悪い

・スタンドとして使うにもスペースを取る

・充電がすぐ切れる。

・うち心地が悪い

・質感がしょぼい

上記のようにサードパーティー製のキーボードだと質が低いんですよね。

だからこそマジックキーボードをぜひお勧めしたいです。

正直マジックキーボードはめちゃめちゃ高い。めちゃめちゃ高いんですけど、本当に価値のある製品です。

ここまでの説明を聞いて、マジックキーボードの隠れた価値に「4万円」を投資するかしないかはあなたの判断ですが、僕は強くおすすめします。

iPadって本来気軽にいろんなことをパワフルにできるのが魅力なんですけど、そのiPadをさらに気軽にパソコンにもできちゃうって言うのがマジックキーボードの最大の魅力です。

 まとめ

いかがだったでしょうか。

マジックキーボードは単なるキーボードではなく、iPadにパソコンの力を分け与えるアイテムです。

もし気になるよっていうかたは、ちょっと高いですが投資してみてはいかがでしょうか。

>>Magic Keyboard(ホワイト)を試してみる方はこちら

>>Magic keyboard(ブラック)を試してみる方はこちら

今日のお話は動画でもUPしておりますのでぜひ参考にしてみてください。

白のマジックキーボードのレビュー記事はこちら

白いMagic Keyboardを使い倒したのでレビュー!黒とどっちがいい?

The following two tabs change content below.

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

-ガジェット

© 2021 161ろぐ Powered by AFFINGER5