iPad ガジェット

【知らなきゃ損】iPad mini6は本当におすすめ?メリット・デメリットから考察!

考えている人

iPad mini6を買うかどうか迷っているけど、果たして自分には向いているんだろうか。

そもそもどんな使い方ができるのかをメリット・デメリット含めて知りたいなあ。

上記のような人向けの記事です。

本記事の内容

・iPad mini6はどういう立ち位置のデバイスなのか

・iPad mini6のメリット・デメリット

・iPad mini6がおすすめできない理由

・iPad mini6はどんな人が買うべきなのか

・mini以外のiPadという選択肢

本記事の信頼性

筆者はiPad 無印、Air、Pro、miniすべてのデバイスを所持しています。

そのほかにもAndroidタブレットやKindle端末の普段から使っております。

たくさんのデバイスを使っているからこそ分かる僕の目線でお話をしていきます。

先日iPad mini6が発売されましたね。

いろんな記事やYouTuberなどが絶賛しているので、購入を検討している人も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、iPad mini6が「どういうデバイスなのか」「iPad mini6のメリット・デメリット」「どんな人が買うべきなのか」など詳しく解説していきます。

iPad mini6はどういう立ち位置のデバイスなのか

結論iPad mini6は、「持ち運びや気軽さに特化したデバイス」です。

コンテンツの作成には不向きですが、コンテンツを気軽に消費していくのには向いている端末ですね。

具体的には次のような作業をすることに最適です。

iPad mini6の最適な使い方

・動画を見る

・ネット検索

・電子書籍を読む

・ゲームをする

・手帳がわりにする

コンパクトなサイズというのがiPad mini6の魅力ではありますが、その一方でブログを書いたり、資料を作ったり、動画編集したりなどコンテンツを作成することには全く向いていません。

ですので、基本的にはスマホでしていることをちょっと大きい画面でしたいなという人向けのでデバイスとなっています。

しかし、そうなるとわざわざ6万円以上するiPad mini6を買う必要があるのかという疑問が出てきます。

特に「動画を見る」「ネット検索」「電子書籍をみる」くらいの作業でよければ、Kindle Fire HDや2万円くらいで購入ができるAndroidタブレットでも十分快適に行うことができます。

すでにメイン機となるMacやiPad Proなどを持っている場合は、互換性が高いiPad mini6は活躍できるかもしれませんが、最初の1台として買ったり、メイン機として使う場合はちょっと判断が難しいデバイスです。

結局は人によって選定基準が異なるため、次にメリット・デメリットを解説していきます。

iPad mini6のメリット・デメリット

iPad mini6が発表当初は、たくさんの人が絶賛していたので、いまだにその評価が一人歩きしています。

同調圧力のようなものが働いており、その評価を鵜呑みにして購入したものの「思ったものと違った」と嘆く人まで出てきました。

iPadの購入で失敗しないように、今一度メリットとデメリットを整理していきます。

iPad mini6のメリット

・コンパクトなので気軽にとりまわせる

この1点のみです。

上記のとおり、iPad mini6はコンパクトサイズですので、ベッドで動画や電子書籍を楽しんだり、小さめのカバンに忍ばせておき外出先で資料を確認したりなどもできます。

一方で、仕事で使うというシーンはあまりないです。僕のYouTubeチャンネルでも仕事で使っているという人はほとんどおりませんでした。医療従事者やJR駅員などは毎日使っているみたいですが、それは会社から支給されているものだったり、患者さんのカルテを見たりなど使い方が限定されるようです。

iPad mini6のデメリット

・コンテンツ作成には全く向いていない

・コンテンツ消費には最適だが価格が高いので、Fire HDなどの別の選択をした方が良い。

・思いの外画面が小さい。

1つずつ解説をしていきます。

コンテンツ作成には全く向いていない

iPad mini6は思いのほかディスプレイサイズが小さいので、コンテンツ作成には一切向いていません。

動画編集やブログなどの作業を行うにはあまりにも画面小さいです。

イラストを描く目的で購入を検討している人もいるみたいですが、やはり小さいようです。

もしイラストを描くのであれば、iPad 第9世代のような大きいデバイスを買うか、液タブなどを買った方が良さそうです。

こんな感じでiPad mini6はコンテンツ作成には全く向いていません。実際に筆者もiPad mini6で何か作業をしたことはなく、しようという気さえ起こりません。

コンテンツ消費には最適だが価格が高いので、Fire HDなどの別の選択をした方が良い。

iPad mini6はコンパクトなので、とにかく気軽にコンテンツ消費を楽しむことができます。

ベッドで動画を見たり、会社の休憩時間に電子書籍を見たりなど多くの使い方ができます。

とはいえ、それくらいの軽作業であれば実はiPad mini6ほどのスペックは必要ではありません。

上記のような作業であれば、Amazonオリジナルタブレット・Fire HDでも快適に行うことができます。

しかも価格も5,000~10,000円(セール時は3,000円ほどに下がる)とかなりお財布に優しいです。

iPad mini6はスペックが高いのでとても魅力的には見えますが、画面サイズが小さいせいで思うようにその性能を発揮することができません。ゆえに59,800円という価格はあまりに高すぎるんですよね。


思いのほか画面が小さい。

iPad mini6は8.3インチですが、実はこの画面サイズはそこまで大きくはありません。

「スマホよりも大きな画面で・・・」と考えている人もいるかもしれませんが、実物を見てみると思いのほか小さく、

「これならスマホでいいんじゃない?」と感じる人が多いです。

実際に僕のYouTubeチャンネルでも同じような声が届いております。

コメントでも書かれている通り、最近のスマホもどんどん画面サイズが大きくなってきているため、8.3インチという微妙な画面サイズだと、スマホとの使い分けがなかなか難しくなっているようですね。

動画を見るときも、「少しでも画面が大きいiPad mini6がいいよね」と感じる人もいるかもしれませんが、大多数は「スマホでも不満ないんだよね」と感じるでしょう。

iPad mini6がおすすめできない理由

ここまでiPad mini6のメリット・デメリットや「どういうデバイスなのか」ということを解説してきましたが、今回はあえて「iPad mini6はおすすめできない」というお話をしていきます。

iPad mini6がおすすめできない理由

・価値と価格が見合ってないから。

実にシンプルですが、これにつきます。

先述したとおりiPad mini6はコンテンツ作成は得意とせず、動画や電子書籍を見たりなどのコンテンツ消費に向いているデバイスだとお話ししました。正味スペックは高いので本来であれば動画編集や写真編集、ブログなどにも使いたいところですが、画面サイズが小さすぎるのでそれはできません。

となると、「わざわざ59,800円という価格を払って、動画や電子書籍を楽しみたいか」という疑問が生まれてきます。

先述したとおり、動画や電子書籍を楽しむくらいであればFire HDなどの価格の安いデバイスで十分です。

一方で動画編集や写真編集・ブログなどのコンテンツ作成をするのであれば、Macや画面の大きいiPad 無印などを買った方が圧倒的にパフォーマンスが良いです。

このようにiPad mini6はあまりに微妙な立ち位置であり、あえていうのであれば贅沢品なんですよね。

「iPad mini6でなければならない」というシーンがどこにもないのに「でもスペック高くてなんか魅力的」というところがたくさんの人を惑わしている原因であり、Appleさんの商売上手なところですよね。

とはいえ、やはりiPad mini6は価値と価格が見合ってないデバイスと言わざるを得ないので、予算に余裕がある人以外は避けたほうが無難なデバイスです。

コンパクトだけど結局バッグにはいろんなものがたくさん入っている

筆者も含めいろんな人が「iPad mini6はコンパクトだから持ち運びに最適!」と言っていますが、冷静に考えてみるとバッグには当然いろんなものが入っています。

仕事をする人であれば、パソコンが入っているという人も珍しくないでしょう。

と、なると、せっかくのiPad mini6のコンパクトの良さが消えてしまうんですよね。

いろんなガジェット系のYouTuberも「iPad mini6最高!」と言っていますが、カバン紹介などではいろんなデバイスやガジェットが入っているため、「そこまで詰め込むのであればもはや意味がないのではないか」と疑問に感じてしまいますよね。

もちろん小さめのバッグにiPad mini6だけを忍ばせるということであれば、意義がありますが、果たしてそのような限定されたシーンは1年で何回ほどあるのだろうか。少なくとも仕事している時ではなさそうですよね。おそらくプライベートのように思えます。

iPad mini6はどんな人が買うべきなのか

ではiPad mini6は一体どんな人が買うべきか。

結論以下のような人です。

・すでにメイン機となるiPadやMacなどを所有している

・予算に余裕がある

上記のとおりです。

Apple製品との互換性は言うまでもなく高いので、メイン機で作成した資料などを外出先でちょっと見ると言う使い方であれば、iPad mini6の魅力を発揮することができます。

mini以外のiPadという選択肢

今回の記事を読んでいる人は、もちろんiPadの購入を検討している人でしょう。

そこでmini以外のiPadの選び方などの記事も複数あるので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

結論iPad mini6は贅沢品です。

コンテンツ作成に向いているわけでもないですし、コンテンツ消費なら他の安いデバイスの方がコスパが良いです。

何ならスマホでも十分画面が大きいので、それでいいわけです。

それをあえてiPad mini6でやることが至福という人のみが選ぶべきでしょう。

また、すでにメイン機のiPadやMacなどを持っている人などは向いているでしょう。

なお、今回の記事の内容については動画でも解説しておりますのでぜひ参考にしてください。

The following two tabs change content below.

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

-iPad, ガジェット
-,