【コツ】izotopeは自動でミックス・マスタリングをする神プラグイン【時代はAI】

スポンサーリンク
DTM

本記事ではエントリー版のものを紹介していますが、現在最上位版のセールをしてて、

通常8万円ほどするプラグインが2万台になるというもはや意味が分からないくらい破格になっています。

この先ミックスをしたくない人や、自動ミックスから各エフェクトの使い方やパラメータの値を勉強したい方は今のうちに手に入れておくのが吉です。

現在は通常価格になっています。


iZotope(アイゾトープ) Tonal Balance Bundle【※シリアルPDFメール納品】【DTM】【プラグインエフェクト】【マスタリング】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本記事の内容はここからです

この記事は以下のような人におすすめです。

  • MIXが上手くできない
  • マスタリングが上手くできない
  • MIX・マスタリングに時間をかけたくない
  • MIX・マスタリングのコツを知りたい

MIX・マスタリングって面倒くさい

音楽に携わって約10年が経ちました。

最初は歌い手さんの「MIX・マスタリング」に携わり、最終的には自分で曲を作るようになってはや数年。今までの長い間ずっと思っていることがありました。

それは「MIX・マスタリングめっちゃ面倒くさい!!!」

楽曲によって、楽器に特徴・奏法によって、ボーカルの声質・歌い方によって、
コンプやらEQやらリバーブやら設定をしないといけませんよね。

しかも各エフェクトごとになにやら難しいパラメータがわんさかあるし・・・。

結局、時間的には6時間~2日くらいかかることもしばしば。

私自身ボカロ曲を投稿しているのですが、最近はMIX・マスタリングする時間が嫌いで、それをする時間を使って次の曲を作りたいと思っていました。

誰かにお願いしようかなとも考えたのですが、なんだかんだクオリティも気になるので、誰でもいいってわけでもないし、そもそも毎回探すのが大変。

そんなこんなで良い方法ないかなと考えていた時に、DTM界では有名な「ゆにばす」さんがizotopeのタイムセールの告知をTwitterで行っているのをみて「これだ!」と閃きました。

izotopeのプラグインは自動でMIX・マスタリングを行ってくれるのでめちゃめちゃ時短になります。しかもクオリティが高いのでかなりおすすめです。

以下詳しく解説していきます。

izotope使ったらMIX・マスタリングがめちゃ楽になりました。
AIで自動で作業してくれるのでコツなんてない!

izotopeの中でも優秀なのはNectar3、Neutron、Ozoneです。

MIDIやオーディオのデータを読み込ませるだけで、コンプやEQなどはもちろん音量や質など、最適な音に自動で仕上げてくれます。

説明するよりまずは聴いていただきます。

サンプルとして私の楽曲をご用意いたしました。

1曲目は先日AmazonMusicやiTunesストア、spotifyなどの各ストリーミングサービスで配信がスタートされた「笑う門には福や来るる」です。

ドラム

使用音源:BFD3

FXPansion/BFD3 Download【オンライン納品】【定番】

BFD3は通常4万円くらいするのですが、なんか調べたらダウンロード版なら数量限定で19000円で販売しているみたいです。これはお買い得すぎる・・・。

fxpansion BFD3 (Download)【ダウンロード版】【数量限定特価!】【p10】

ドラム(自分でMIXしたもの)

ドラム(自動)

ボーカル

使用音源:初音ミク

CRYPTON/クリプトン HATSUNE MIKU V4X BUNDLE (初音ミク V4X バンドル) 【MIKUV4XB】 【新しくなった初音ミク!】 【ENGLISH/英語音声ライブラリー同梱】【mikuv4】

ボーカル(自分でMIXしたもの)

ボーカル(自動)

2曲目は先日アップした最新曲の「ホワイト・モカ」です。

ギター

使用音源:Ample sound AGM

AMPLE SOUND/AMPLE GUITAR M III【オンライン納品】

ギター(自分でMIXしたもの)

ギター(自動)

ピアノ

使用音源:Addictive Piano

ピアノ音源◆XLN Audio Addictive Keys Studio Grand◆並行輸入品ノンパッケージ/ダウンロード形式

ピアノ(自分でMIXしたもの)

ピアノ(自動)

いかがでしょうか。めっっっちゃ凄くないですか?

どの音源もダイナミクスが調整されていますし、EQの処理も完璧です。リバーブ処理なども自動的にしてくれるのでMIX・マスタリングの時間が大幅に減ります。

izotopeを使い始めてから、今まで数時間かかっていたMIX・マスタリングの時間が今では15分〜30分くらいで終わらせられるようになりました。マジで神です。

使い方は簡単

使い方はとても簡単で以下の通りです。

・MIXを行う楽器の種類を選ぶ

・どんな感じに仕上げるかを選ぶ

・読み込み

以上です。

めちゃ簡単でハイクオリティ。

以下もう少し詳しく解説します。

MIXを行う楽器の種類を選ぶ

画像のように、MIXを行う楽器がピアノなのかギターなのかといった感じにプリセットを選びます。

どんな感じに仕上げるかを選ぶ

プリセットは「Warm」「Balanced」「Upfront」の3つです。

Warm:丸みのある温かいサウンドにしたいとき。

目立たせたくない楽器などに最適。ストリングスやブラスなど前に出すぎるとダメだけど、コード感や曲の雰囲気を保つために必要な縁の下の力持ちのような音源にめちゃマッチします。

Balanced::全体的にバランスの良いサウンドに仕上げたいとき。ギターやピアノのコードバッキングなどにピッタリです。

UPfront:明るみのあるサウンド。メイン楽器やソロピアノ・ソロギター、ボーカルなど、前に出したい音があるときはこれを選びます。

読み込ませる

読み込ませると自動でMIXが行われます。

ね?簡単でしょう?

ちなみに仕上げられたサウンドもさらに自分の好みの音に調整することも可能です。

音割れするときは?

音割れの原因はエキサイターみたいなので、必要に応じて調整すればOKです。私はそもそもエキサイターを普段から使わないのでオフにしています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は神プラグインのizotopeを紹介いたしました。

値段はハッキリ言って結構高いですが、これから先の面倒なMIX・マスタリングの時間が短縮されるなら全然アリな買い物だと思います。というかこれからの時代には必要なツールといっても過言ではないでしょう。

MIX・マスタリングが苦手な方、私みたいに時間をかけたくない方はぜひ使ってみてください。絶対後悔しませんよ。


iZotope(アイゾトープ) Tonal Balance Bundle【※シリアルPDFメール納品】【DTM】【プラグインエフェクト】【マスタリング】

The following two tabs change content below.
161P

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました