ガジェット

【今更聞けない】MacBookAirにできること・良いところレビュー!

考えている人

MacBookAirの購入を考えているけど、実際に使っている人の本音目線のレビューが見たいな。

どんなことができるのかとか、選ぶべきスペックとかも解説してくれている記事が読みたい。

上記のような人向けの記事です。

本記事の内容

・M1チップ搭載のMacBookAirのレビュー

・M1チップ搭載のMacBookAirにできること

・M1チップ搭載のMacBookAirの良いところ

・選ぶべきM1チップ搭載のMacBookAirのグレード

本記事の信頼性

新型MacBookAirを使って動画編集や楽曲制作、ブログなど色んなことをしているクリエイターが解説しています。

最近はガジェット系のYouTuberとして活動しており、9万再生されている動画もあるので、信頼していただいて大丈夫です。

M1チップ搭載のMacBookAirを使い始めて数ヶ月経ちました。

毎日使っているのですが、めちゃめちゃ最高です。今回ではそんなM1 MacBookAirにできることや、メリットなどをお伝えします。

今更人に聞けない基本的なことから、実際に使っているクリエイターだからこそ分かるM1 MacBookAirの良さを丁寧にレビューしていきます。

>>M1 MacBookAirを購入する方はこちら

M1チップ搭載のMacBookAirは最高


結論からいうと、M1チップ搭載のMacBookAirはかなり最高でした。

動画編集、ブログ、音楽制作どれをとっても何も問題なく作業ができました。

軽くて薄くて電池持ちが良いのも気に入ったポイントです。

見た目がかっこいいのでモチベが上がる

MacBookって見た目がめちゃめちゃかっこいいですよね。

色はスペースグレイにしたのですが、この高級感がとてつもなく好きです。

スタバでドヤりたい気持ちが高いですが、あいにく僕はインドアなのでおうちカフェしております。

専用ケースで持ち運びもラクラク

MacBookAirを大事に使いたい人はケースを買うことをおすすめします。

今は2種類のケースを使っています。

TOWOOZのポーチ付きケース


こちらのケースはスタンドにもなるタイプで作業するときの目線を上げてくれるので目や首が疲れません。

最初買ったときはちょっとチープな印象を受けたのですが、使っていくうちに慣れてきました。

今は常にこのケースの上で作業をしています。MacBookAirの底面に傷や汚れがつかないのが良いです。

ポーチも付いているので、充電器やハブなどを入れることもできます。

Inateckのポーチ付きケース


こちらはiPad用に買ったのですが、MacBookAirにも使っています。

撥水加工がされており、中もふわふわです。

質感はTOWOOZのケースよりも良いです。

ただ、TOWOOZのケースのようにスタンドにはならないです。

ただ、落としてしまった時の衝撃から守ってくれるのはこっちだと思います。ふわふわしているので。

M1チップMacBookAirで行っていること

僕はMacBookAirで以下のことを行っています。

・ブログ

・動画編集

・写真編集

・サムネイル作り

かなり快適に行えています。

M1チップMacBookAirは従来のMacBookProの上位グレードと同じかそれ以上の出力がある

知っている方もいるかもしれませんが、M1チップMacBookAirは従来のMacBookProより性能が高いです。

しかも価格もかなり安いです。従来のMacBookProで動画編集をするなら40万円くらいの必要でしたが、M1MacBookは10万円台です。

動画編集をフルHDならサクサク編集できます。4K動画の書き出しもかなり早いので不満がないです。

正直、価格以上のスペックや価値があるので迷っている人は今すぐ買うべきです。

こんなに安いのに、いろんなクリエイト作業が行えるので、10万円くらいの出費はすぐに取り返せます。

MacBookAirを買って良かったこと

MacBookAirを買ってよかったのはたくさんありあます。

MacBookAirを買ってよかった

・画面が綺麗

・画面が大きい

・電池持ちが良い

・音が良い

・かっこいい

・キーボードがめちゃめちゃ打ちやすい

上記のとおりです。1つずつ丁寧に解説していきます。

✔︎画面が綺麗

MacBookAirを買った理由の1つは、画面がめちゃめちゃ綺麗だからです。

写真編集や動画編集をするクリエイターにとっては、画面が綺麗なことは絶対に必要な条件ですよね。

しかもMacBookAirは色を忠実に再現してくれるので、色の調整がかなりしやすいです。

Windows PCの画面ってメーカーやモデルによって、色合いが違いますからね。

うまく調整できたと思っても、別のスマホやタブレットで見るとかなり青く見えたり、赤く見えたりします。

でもMacBookAirだとそういったことがないです。

この画面の綺麗さはクリエイターじゃない人にとっても大きなメリットです。

例えば、映画やアニメ、YouTubeの視聴などするときも綺麗な画面で見ることができるので、物語に没頭することができます。

✔︎画面が大きい

13インチって結構大きいです。

インターネット検索をするときも画面が大きいのでたくさんの情報を一度に調べることができます。

また、さっきも言ったとおり、映画やアニメ、YouTubeなど見るときもかなり快適です。

✔︎電池持ちが良い

M1チップMacBookAirを使ってめちゃめちゃビックリしたのが電池持ちです。

動画編集とかかなりハードな作業をしているのに8時間〜10時間ほどは持ちます。

今まで使ってきたノートパソコンだとせいぜい4時間〜6時間くらいだったので本当にビックリしました。

これだけ電池持ちがいいのに、薄くて軽いのも本当に素晴らしいです。

外出先での作業もとりあえずこれ1台あればなんでもできちゃいます。

充電速度もめちゃめちゃ早いです。

最初から入っている充電器とケーブルを使うだけ、急速充電をしてくれます。

感覚としては2〜3時間でフル充電ができますね。

ちなみに最初から入っている充電器はわりと大きめです。

持ち運びが前提な人は、Ankerのスリム充電器を買うのがおすすめです。

かなり小さいのに、めちゃめちゃ早い充電ができます。パワフルです。


✔︎音が良い

あまり触れられていませんが、MacBookAirって音も良いんです。

臨場感と迫力がある音が出るので、音楽も動画も思う存分に楽しむことができます。

✔︎かっこいい

MacBookAirを買ってよかったことの1つは、さっきも言いましたがシンプルにかっこいいです。

背面にリンゴマーク。これだけでもう満足。かっこいい。

考え抜かれたデザインで無駄がないです。

キーボードがめちゃめちゃ打ちやすい

ブロガーでもある私にとってはキーボードが打ちやすいのは最高でした。

見た目は薄くてスタイリッシュなのに、押した時の満足感はすごいです。

キーストロークもちょうどよくずっと触っていたくなる心地良さです。

また、打ちやすいので長時間タイピングしていても疲れることがほとんどないです。

トラックパッドも滑らか

MacBookAirに搭載されているトラックパッドも快適です。

滑らかに動きますし、クリックもめちゃくちゃしやすい。

大きさも程よいですし、デザインもかなりかっこいいのがGoodポイントですね。 

メモリ8GBと16GBどっちを見るべき?

結論、メモリは8GBのもので十分です。

理由は、ほとんどの作業がこなせるから。

・フルHDの動画編集

・4Kの動画編集(ちょっとカクツクけど)

・DTM

・ブログ

・写真編集

・Canvaなどでのサムネイル作り

・Office系

・プログラミング

・ゲーム

上記のことは全てメモリ8GBでこなせます。

ですので、無理して16GBを選ぶ必要はないでしょう。

16GBを選ぶべき人

・相当重い3Dゲームをする

・4Kや8Kの動画編集を長時間行う

上記のようなことをする人は、16GBを選んだ方が無難だと思います。

メモリをどちらにすべきかについては以下の記事で詳しく解説しているのでよかったらご覧ください。

ストレージも256GBモデルで十分です。

MacBookAirはiCloudも使えるので、必要なデータはクラウドに保存すればOkです。

必要に応じては、外付けSSDを使えばほとんどの場合は大丈夫です。

ただ、かなり多くのソフトをインストールしたい人は512GBを選んでも良いかもしれません。

特に、Final Cut Proのようにシステムファイルやキャッシュが大量に発生するソフトを使う場合は512GBを選んでおいた方が良いでしょう。

M1チップ搭載のMacBookAirレビューまとめ

最後にこの記事の内容をまとめておきます。

結論、「MacBookAir」は最高でした。

>>M1 MacBookAirを購入する方はこちら

MacBookAirの良いところ

・画面が綺麗

・画面が大きい

・電池持ちが良い

・音が良い

・かっこいい

MacBookAirにできること

・フルHDの動画編集

・4Kの動画編集(ちょっとカクツクけど)

・DTM

・ブログ

・写真編集

・Canvaなどでのサムネイル作り

・Office系

・プログラミング

・ゲーム

上記のとおりです。

選ぶべきスペック

ほとんどの人は一番下のモデルで大丈夫です。

つまり以下のものですね。


ただ、3Dゲームや4K・8Kの動画編集をする人は以下の、メモリ16GB、ストレージは512GBにしておきましょう。


The following two tabs change content below.

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

-ガジェット

© 2021 161ろぐ Powered by AFFINGER5