YouTube ビジネス ブログ 副業

【知らなきゃ損】新卒のボクが1年で100万円貯めた5つのコツ

考えている人

人生100年時代とか言われているし、今後のことを考えて貯金したいな。

年間100万円以上を貯金できたらバンバンザイだけどそんな方法あるのかなあ?

低所得でも上手く貯められるコツを知りたいな

上記のような人向けです。

本記事の内容

・1年で100万円を貯める方法

・収入を増やす方法

本記事の信頼性

・新卒1年目

・手取り16万

上記の条件は実は1年前の僕です。

この条件で年間100万円貯めました。正確にいうと160万貯めました。

今は約300万ほど貯金があります。

この記事を読んでいる人は、できるだけ多くお金を貯めたい、そして、できれば収入も増やしたいと思っている人が多いはずです。

・企業したい

・脱毛したい

・ニートしたい

・デートやお洋服に使う

・何かあった時のためにお金を貯めておきたい

・単純に貯めるのが趣味

上記のとおり、お金を貯める理由は人それぞれだと思います。

本記事では、1年で100万円を貯める方法+収入を増やす方法を解説していきます。

そして本記事では、具体的に「手取り16万円の人」が100万円を貯める方法について解説していきます。

仮に手取りが14万くらいだよという人でも100万円貯めることは余裕でできますのでぜひご安心を。

前置きが長くなる間に本題に入ります。

【驚愕】手取り16万円の僕がたった5つのコツで1年で100万円貯めた方法!

当たり前ですが、年間100万円を貯めるには少なくとも毎月83,000円を貯金していく必要があります。

ですので、お給料が入った瞬間83,000を貯金して、残ったお金でやりくりすればそれでOKです。

では、その83,000円はどうやってひねり出せば良いのでしょうか。

お金を貯めるには覚えておくべき2つのルール

お金を貯めるには方法が2つあります。

その方法が何かといいますと、結論。

・出費を減らす

・収入を増やす

上記の2つです。

「どちらもちょっと難しそう」と思いますよね。

でも、やり方さえ分かれば実はどちらも結構簡単です。

そして、その具体的な方法も解説します。

✔︎お金を貯める具体的な方法

・家賃の安い家に住む

・格安SIMにする

・普段のお買い物をクレカで決済する

・食費を削る

・副業をする

上記5つです。1つでもできそうだなと思ったら読む価値ありです。

1つずつ深掘りして解説します。

家賃の安い家に住む

1ヶ月の中で最もお金がかかるもの。それはやっぱり家賃です。

安ければ安いほど良いですが、あまりにボロボロの家に住むわけにもいきませんよね。

理想は3万円〜5万円ほどの家賃の家に住むことです。

仮に手取りが16万円だとして、毎月83,000貯金しないといけないとなると、残り使えるお金は77,000円です。

となると、家賃は高くても5万円までにすべきです。

仮に家賃を5万円とすると、残り使えるお金は

77,000-50,000=27,000です。

この27,000円の中でやりくりすればOkです。

「意外とイケそうだな」と感じた人はおそらく達成できるでしょう。

「難しいかも」と感じた人は本記事に書いていることを実践するだけで達成できるので安心してください。

格安SIMにする

次に出費が高いのは通信費です。

つまりスマホ代ですね。

ところであなたの月々のスマホ代っていくらくらいですか?

え、それ、めちゃめちゃ高くないですか?

だって、僕のスマホ料金は毎月タダですよ。

正直、毎月のスマホ代に3,000円以上払うのはもったいないです。

au,ドコモ,ソフトバンクを使うなんてもってのほかです。

3大キャリアを使っている人は今すぐ格安SIMに乗り換えましょう。

格安SIMにするだけで毎月のスマホ代が1,000円~3,000円になります。

一番おすすめな格安SIM

結論、楽天モバイルが最強です。

理由は「無料だから」。

「嘘でしょ」と思った人もいるかもしれませんね。でも本当なんです。

楽天モバイルって月5GBでかけ放題なのに、1年間は無料なんですよ。

最近、ahamoとかPovoとか3大キャリアが新しくプランを打ち出していますが、楽天モバイルには敵わないです。

だって無料なんですから。もはや変えない理由がないですよね。

こんなこと言うと、「1年後高くなるんじゃないの?」と今思ったのではないでしょうか。

確かに高くなります。とはいえ、2,980円です。それでも安いですよね。

Ahamoと変わらない料金設定です。

契約期間の縛りもないので、気に入らなかったり、料金が上がるのが嫌だという人は途中で解約したり他社に乗り換えることもできます。

正直使わないのはありえなくらい節約になるので、今すぐ楽天モバイルにしましょう。

普段のお買い物をクレカで決済する

これ意外とやっていない人も多いですが、普段の決済はクレカにした方が絶対良いです。

具体的には楽天カードがおすすめです。

楽天の回しものか!そんな風に思われていそうですが、ステマなしでおすすめです。

楽天クレカがおすすめな理由

・使った金額が正確にわかるから

・貯めたポイントでまたお買い物ができるから

「クレカだといくら使ったかわからなくなる」と言う人もいますが、全くの逆です。

クレカを使った方がいくら使ったが1円単位でわかりますし、しかもアプリが自動で管理してくれます。

そして全ての決済を楽天クレカにしておけば、毎月かなりポイントが貯まるんですよね。

大体1,000ポイント〜3,000ポイント

今は大体のお店で楽天ペイが使えるようになっており、1ポイント1円分として、食費や日用品のお買い物に回すことができます。

年会費ももちろんかかりませんので、まだ持っていない方は今すぐ持ちましょう。

すでに別のクレカを持っている人は、クレカ決済で貯まるポイントが普段から使えるかを確かめましょう。

普段のお買い物には使えないようでしたら、楽天クレカも持っておいたほうが良いです。

食費を削る

食費は毎月最高でも1万円までに抑えられればGoodです。できるだけ削りましょう。

具体的なやり方は以下の通り

10日に1回スーパーに行き、3,300円で済ませる。

あとは買った食材を調理し、10日間生き延びる。

これだけです。簡単でしょ。

買う食材はいかがおすすめです。

・たまご

・豆腐

・ひじき

・にんじん

・ジャガイモ

・玉ねぎ

・納豆

・鯖缶、さんま缶詰

・鶏の胸肉

・餃子

・レンジでチンのお米

・お湯を入れるだけのお味噌汁

・キャベツ

・沸かして作るお茶

上記のような感じです。

これでも3,300円は使わないので、余った分は貯金に回すか、調味料でも買いましょう。

僕は激しい時は1ヶ月の食費は3,000円でした。

10日に1回スーパーに行き、1,000円で済ませる。

3ヶ月くらいは続いたのですが、流石に栄養が足りなすぎて体調崩したのであまりおすすめしません(笑)

節約におすすめの料理

結論「にんじんと豆腐のひじき煮」

✔︎作り方

①人参を輪切りにします。

②豆腐をさいの目切りにします。

③お鍋に少々の水と、①、②とひじきを投入して火をかけます。

④お酒と醤油、砂糖を入れて煮て終わり(全部大さじ1くらい)

これだけで美味しい和食の出来上がりです。栄養もしっかり取れるのでおすすめです。

材料は必要に応じて、結構なんでも入れて大丈夫です。鶏の胸肉を食べやすい大きさに切って一緒に煮てもGoodです。

このレシピの良いところは、一度にたくさん作れるところです。

とりあえず3食分〜4食分は作れるので、タッパーに小分けするのをおすすめします。

サラリーマンはお昼ご飯は弁当にする

会社員の人はお昼はお弁当を持参しましょう。

・レンチでチンのお米

・お湯を入れるだけのお味噌汁

・鯖缶

・ひじき煮

こんな感じでOKでしょう。

結構地味だし、わりと仙人みたいな食生活ですよね。

最初はきついと思いますが、3日もすれば慣れるので大丈夫ですよ。

飲み物も持参する

500mlのペットボトルの飲み物を買うのはやめましょう。結構お金の無駄です。

飲み物は基本全て、水かお茶にしましょう。

浄水器がついている家なら水、ついていないならお茶を沸かして作りましょう。

※個人的には日本なら水道水でもOKだと思っています。

飲み物を自販機で買う人は節約に失敗します。

「喉が渇いたな、仕方ない自販機で一番安い水を買うか」と水を買う人は節約に失敗します。

なぜなら、その「仕方ない」をきっと他の場所でもやってしまうからです。

水なんてスーパーに行けば80円〜100円くらいで2リットルのものが買えるのに、それをわざわざ自販機で買うなんてもったいなさすぎです。

せめてコンビニでも良いので2リットルの水を買いましょう。

日用品と光熱費は12,000円以内に抑えよう。

食費を1万円で抑えるとすると手取り16万の人が残り使えるお金は

16万(手取り)-83,000(貯金)-50,000(家賃)-10,000(食費)=17,000

あとは手元に残った17,000円で日用品と光熱費をやりくりします。

ですが、余裕を持たせるためにも、日用品と光熱費は12,000円以内の良いでしょう。

✔︎光熱費

・電気代 ¥2,000

・ガス代 ¥2,000

・水道代 ¥2,000

小計 ¥6,000

✔︎日用品

・食器洗剤

・食器を洗うスポンジ

・洗顔

・歯磨き粉

・シャンプー、リンス

・石鹸

・その他必要なもの

小計 ¥6,000

光熱費+日用品=¥12,000

上のような感じがOKです。

ひとり暮らしだったら意外と電気代もガス代もかかりません。水道も2ヶ月に1回しか支払わなくていい地域もあるので割と余裕だと思います。

余った5,000円は貯金に回すか、足りなかった支払いに当てましょう。

副業をする

ある程度節約ができたら、次は副業をしていきましょう。

貯金=収入-出費

です。出費をある程度抑えても、貯められる金額には限界があります。

そこで次はどうするか。答えは簡単で、収入を増やせばOKです。

「収入を増やすなんて無理だよ」と思った人もいるかもしれませんが案外簡単です。

もちろん会社の中で昇進して給料を増やすとかは短期間ではわりとムリゲーですし、めちゃめちゃ頑張って増えたとしてもせいぜい5,000円とか1万円なのでコスパ悪すぎです。

なので副業を始めて収入を増やしていくのが早いです。

「うちの会社は副業禁止なんだよ・・・」と言っている人をたまに見かけますが、正直そんなこと言っていてはいつまで経ってもお金はたまりませんよ。

会社にバレない方法なんてググればいくらでもあります。

会社にバレるのが怖いからといってその場で足踏みしているのはもったいないので即行動しましょう。

おすすめの副業

結論以下の通りです。

・ブログ

・YouTuber

・積立NISA(厳密にいうと資産運用)

たった3つだけです。

順番に解説していきます。

ブログ

みなさんブログはやっていますか?

もしまだやっていない方がいれば今すぐ始めましょう。

僕は2年ほど前にこのブログを立ち上げましたが、実はこのブログは月に数万〜数十万ほど稼いでくれています。

しかも、僕がゲームしたり、ご飯を食べたり、寝ている間などにです。

ブログで稼ぐ仕組み

ブログは広告収入で稼ぎで発生します。

具体的には以下のような広告です。

スポンサーリンク

上記の広告を誰かがクリックしてくれれば、ブログ運営者にチャリンとお金が入るようになっているんですね。

だいたい1クリックあたり10円〜300円程度です。

そのほかにもアフィリエイトと言って成果報酬型の広告もあります。

例えば、化粧品の紹介をしている記事を読んでいる人が、記事内のリンクをふんで、実際に広告の化粧品を買ってくれた

こういった場合は一気に1,500円〜10,000円ほど入ってきます。

一度書けば永遠に稼いでくれる

ブログのいいところは一度記事を書いてしまえば、永久的に稼いでくれるところです。

いわゆるこれを不労所得と呼んだりしますよね。

ブログを始める人は、ASPには絶対に登録しておきましょう。

ASPとは、先ほどの化粧品などの広告を取り扱っているサイトのことです。

ASPへの登録は誰でも簡単に無料で登録できます。

あとは自分に紹介できそうな案件や広告を自分のブログにぺたぺた貼ればOKです。

もちろん、貼ればすぐに収益が発生するわけではありません。

きちんと価値ある記事を書いて、多くの人に読んでもらわなければ、クリックされることもありませんからね。

ブログに訪れるユーザーを増やしたり、収入を増やしたりする具体的な方法は以下で解説しているのでぜひ参考にしてください。

【月収5万は余裕】ブログの収益とPV数をUPさせるおすすめツール11選

YouTuber

YouTubeも始めた方が良いです。

ブログより大きく稼ぐことができます。

僕もガジェット系YouTuberになってから1ヶ月で収益化達成することができました。

僕の場合は、好きだったiPadを紹介した動画がヒットし、そこからぼちぼちチャンネル登録者数が増えました。

その時にあげた動画は今では8万回も再生されています。

YouTubeはあなたが思っている以上に稼ぎやすいです。

UPする動画は本当になんでも大丈夫です。

・普段のモーニングルーティン

・自分が詳しい分野について解説する

・会社の愚痴を話す

・お料理の動画を出す

・節約動画を出す

・筋トレしている動画をUPする

ぱっと思いついたものを書きましたが、多分わりとどれでも月10万は稼げると思います。

今はスマホひとつで動画の撮影・編集・アップロードもできる時代なので、できれば今日から始めましょう。

積立NISA

積立NISAって聞いたことありますよね。

積立NISAとは毎月決まった金額で投資していくことです。

節税にもなりますし、ローリスクで稼ぐことができるので絶対にやったほうが良いですよ。

積立NISAのことについては以下の動画で詳しく解説しているのでぜひそちらをご覧ください。

まとめ【驚愕】たった5つを実践するだけで1年で100万円貯めた方法!低収入でも貯金するコツ

いかがだったでしょうか。

最後に本記事の内容をまとめておきます。

1年で100万円貯める方法

・出費を減らす

・収入を増やす

お金を貯める具体的な方法

・家賃の安い家に住む

・格安SIMにする

・普段のお買い物をクレカで決済する

・食費を削る

・副業をする

まずはできることからコツコツ試してみてください。

The following two tabs change content below.

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

-YouTube, ビジネス, ブログ, 副業
-, , ,

© 2021 161ろぐ Powered by AFFINGER5