その他 ビジネス 思考

自己否定を克服!自己肯定感・自尊心が低い人におすすめの方法と高める習慣

日本人は自己否定が強く、自己肯定感・自尊心が低いと言われています。

しかし、同じ日本人でも自己肯定感・自尊心が強く、毎日キラキラ輝いて生活している人もいます。

彼らはどのようにして自尊心を保っているのでしょうか。また、自己否定の強い人は彼らとどこが違うのでしょうか。

今回は自己否定が強い人が、苦しい毎日から脱出するため自己肯定感・自尊心を高める方法と習慣」について解説していきます。

こんな人に読んでほしいです。

  • 自己否定が強い人
  • 自己肯定感が低い人
  • 自尊心が低い人
  • 毎日を不安に感じている人
  • 一刻も早く自己否定人生から脱出したい人

[ad]

目次

自己否定が強いとどうなるの?

自己否定が強い人は一言でいうと、もったいないです。

なぜなら、人生を楽しむためのチャンスやきっかけを自ら手放しているからです。

自己否定が強い人は諦め癖がついていることが多いので色んなチャンスを逃すことが多いです。

これは仕事でも恋愛でも人間関係でも非常にもったいないです。

また、自己否定が強い(自己肯定感・自尊心が低い)とモチベーション低下にも繋がります。

モチベーションが下がるとまた自己否定が強くなるので悪循環です。

自己否定が強くなりすぎるとうつ病などの精神病に悩まされる可能性もあるので今すぐ対処すべきです。

自己否定が強いと・・・

  • 諦め癖がつく
  • 様々なチャンスを失う
  • モチベーション低下→自己否定と悪循環になる
  • うつ病などの精神病に悩まされる可能性がある

今上記の文章を読んで「別にどうでもいいし」「人生を楽しみたいなんて思っていない」「チャンスがあっても私にはどうせ無理」と思った方はいませんか?それがもったいないと言っているんですよ。

せっかくこの記事までたどりついてくださったのですから、ぜひ改善していきましょうね。

自己否定が強い原因

さきほどは「自己否定が強いとどうなるか」について解説しましたが、ここで問題です。

そもそもあなたの自己否定が強い原因ってなんなんだと思いますか?

原因が分からないと対処のしようがありません。まずは原因をハッキリさせることが重要です。

自己否定が強い多くの原因や特徴は以下の通りです。

  • 過去の経験がトラウマになっている
    ・幼少期に受けた教育や虐待
    ・人に否定されてしまったことがある
    ・失敗した経験が多い
  • 物事を深く考えすぎてしまう
  • 素直になれない
  • 完璧主義

順に説明していきますね。

[ad]

過去の経験がトラウマになっている

自己否定が強い原因は「過去の経験」かもしれません。

例えば

  • 幼少期に受けた教育や虐待
  • 人に否定されてしまったことがある
  • 失敗した経験が多い

などです。順に解説します。

幼少期に受けた教育や虐待が原因

幼いころの覚えた感情は大人になってからも記憶しています。

幼少時代は周りの大人たちから言われたことを判断材料にして「自分がどんな人なのか」を構築していきます。

つまり

「すごいね!」「よくできたね!」

と褒められてきた子供は「自分はこんなにもできるんだ!」とポジティブに育つことが多いですが

反対に

「なんでこんなこともできないんだ!」「お前はなにをしてもダメだな!」

と否定されてきた子供は「自分はダメなやつなんだ」とネガティブに育ちます。

否定されてしまった経験がある

人は褒められたときの「嬉しい感情」よりも、怒られたり否定されたりしまったときの「悲しい感情」の方をより強く記憶します。

基本的にはその後のストレス発散やリフレッシュなどで感情の天秤は平行を保つようになりますが、

「悲しい感情」をより多く感じた人ほど自己否定が強くなってしまうようです。

失敗した経験が多い

失敗した経験が多い人は自己否定が強いです。

さきほども解説しましたが、人間はネガティブ感情の方をより強く記憶します。

「失敗してしまった」という経験から「自分はダメ人間だ」と思い込むことによって自己否定が強くなるようです。

失敗するということはそれだけ新しいことに挑戦しようとしたということなので、「新しいことにチャレンジしたんだ!」その評価を忘れてはいけません。

また、失敗は勉強になったと思考をチェンジできれば「失敗=ネガティブ要素」ではなくなりむしろ「失敗=賢くなった、勉強になった⇒ポジティブ要素」になります。

[ad]

そのほかの原因

自己否定が強いその他の原因としては以下のようなことが上げられます。

  • 物事を深く考えすぎてしまう
  • 素直になれない

物事を深く考えすぎてしまう

心配性な方に多いです。あれやこれやと考えているうちに悪いことばかり思いついてしまい自己否定が強くなるパターンです。

まずは「まだ起こってもいないことで落ち込むのはやめる」これをするだけ心が軽くなりますよ。

素直になれない

人に褒められても「お世辞だ・・・」「私なんか・・・」と素直になれない人は自己否定が強いといえます。

特に日本人は人から褒めらたときでも「ありがとう!」ではなく

「とんでもありません!」「たまたまですよ」と謙遜する人が多いですよね。

まずは「事実」と「解釈」を明確にしましょう。

人から褒められていることに対して「お世辞だ」と悪い方向に解釈するのは自分が原因です。

百歩譲って、解釈の仕方は人それぞれかもしれませんが「褒められた」という「事実」を捻じ曲げてはいけませんよ。まずは「自分が褒められたという事実」に対して高い評価をしてあげましょうね。

完璧主義

完璧主義な人ほど自己否定が強いです。

この場合は「自分はできるはず」という期待に自身が応えられなかったときに引き起こされます。

自分はできると思うことは非常に良いことですが、上手くできない自分を許せないのは精神衛生上良くないです。

完璧な人なんていません。必要以上に自分を責めるのはやめましょうね。

[ad]

自己否定をしないコツ

自己否定しないコツを以下にまとめます。今の自分にできそうなことから始めてみてくださいね。

  • 事実と解釈を混合させない
  • 悪いところばかり見つけない
    悪いところを見つけたときは、良いところを見つけるようにする
  • 自分はできると思い込む
    ⇒できなくても勉強になったと思考をチェンジする
  • 優劣をつけない(他人と比べない)
    人には得意・不得意がありますがそれは優劣ではありません。
    日本料理とイタリア料理に優劣はありますか?
  • 自分を受け入れる

自己肯定感・自尊心を高める方法

自己否定をしなくなったら今度は自己肯定感・自尊心を高めていきましょう。

方法は様々ですが、今回は以下をご紹介いたします。

  • 本を読む
  • 新しい環境を作る
    ・旅行に行く
    ・転職する
    ・今まで付き合ったことのない人間関係を築く

本を読む

自己肯定感を高めていくには具体的には方法が載っている本を読むことをおすすめします。

また読書をすることは体をリラックスさせることもできるので精神状態が安定します。

筆者は心理学が好きでそれに関連した本をよく読みます。今回は私のおすすめの本を紹介しますね。

心理学の本は日常的に使えるテクニックや考え方、心のコントロールの方法などが詳しく載っておりますのでおすすめです。

こちら主に人間関係に関する心理学です。
「仕事」を通して、人間関係や自己肯定感の高め方を解説しています。


こちらは総合的に心理学学べる本です。 緩いタッチの漫画形式なのでサクっと読めます。

こちらは物事をついついネガティブに捉えてしまう人におすすめです。

人間関係が苦手な方や「自分だめだ」と思い込んでしまう方は是非一度手に取ってみてくださいね。

ネガティブな人生をラクにする方法がたくさん載っていますよ。

自分を責めてしまいがちな人や自分のことをあまり好きではない人におすすめです。

どちらかというと落ち込んでるときに励ましてくれるような本です。

電子書籍で読みたい人はこちら



新しい環境にする

環境を新しくすると意外な発見があり、毎日が楽しくなります。

毎日が楽しくなると、精神状態を正常に保て、自己肯定感・自尊心が上がるようになりますよ。

旅行に行く

旅行という非日常を体験することは良い刺激になります。

リフレッシュ効果やリラックス効果もあるので、心もからだも元気になったり、考え方が明るくなったりと良いことづくめですよ!

国内・海外の旅行やツアーを探す方はこちら

転職する

もし仕事でお悩みなら、転職してしまうのも一つの手です。

終身雇用制・年金制度が崩壊しているこのご時世は無理しない働き方が良いです。

自分のやりたいことが見つかったのならば、どんどんチャレンジしていきましょう。

 

今まで付き合ったことのない人間関係を築く

新しい人間関係を築き、今までになかった価値観や考え方を身に着けることは自己肯定感・自尊心を高めることに繋がります。

また、壁にぶつかったり、悩んだりしたときでも仲間が助けてくれますよ。一人で悩む必要はどこにもありません。

ちょっと苦手だなと思っていた人でも話してみると意外と気が合うことは珍しくありません。自分の殻を破り、積極的に色んな人と関わってみてはいかがですか?

[ad]

自己肯定感・自尊心を高める習慣

自己肯定感・自尊心をある程度高めることができたら、今度はそれが自然にできるようになりましょう。

つまりは習慣づけるということです。

自己否定が強い人は、ネガティブな思考をしてしまうクセがついています。

そのクセは変えることができます。方法はシンプルに「ポジティブ思考を意識的にする」だけです。

最初は難しく感じるかもしれませんが、「ネガティブ思考になっているな」と気が付いた時にだけでもポジティブに捉えるようにすれば、徐々に根っこからポジティブ思考になっていきます。

私もいじめに近い経験から根暗で心配性で自己否定が強かったのですが、意識的にポジティブ思考でいるように心がけたら見事に克服することができました。

心がけたことは4つ。

私はもともと自己否定が強かったのですが以下のことを心掛けるようになってから克服することができました。今ではとんでもなく明るいやつです。(笑)

  • なるようになると思う
    人生だいたいは大丈夫です。根拠はありませんがそう思うようにしています。
  • 頑張らない
    好きなことと好きな人のこと以外頑張らないようにしましょう。
  • 反省したら引きずらない
    引きずったところで何も良いことありません。
  • まだ起こってもいない悪いことを想像して落ち込まない
    もしもの話で悩んでも精神衛生上良くないです。悩むなら悪いことが起きてからはじめて悩むようにしましょう。でもなるようになるので大丈夫です。

自分にできそうなことが一つでもあればぜひ試してみてください。

今回はここまでです!
ご不明な点や疑問点があれば、お問い合わせフォームかTwitterのリプにてお気軽にお声かけ下さい!
Twitter: @_161P

[ad]

お問合せ

エラー: コンタクトフォームが見つかりません。

The following two tabs change content below.

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

-その他, ビジネス, 思考
-, , , ,