作曲方法 音楽

【中学生でもわかる】DTM初心者にオススメの作曲の具体的なやり方

世の中に具体的な作曲方法が書かれている記事が少ないのでこの記事を書きました。

この記事は本気で作曲をやりたい人へ向けて書いています。

以下の目次を読んでもやる気が消えない人だけ読み進めてください。

ポイント

  • 作曲の具体的なやり方
  • 作曲に必要なもの
  • 作曲が上手くなるために普段から行うべきこと
  • 作曲のコツ
  • 作曲を行うときの注意点

ポイント

音楽経験0から10年以上かけてプロまで上り詰めました。

小さい頃に楽器を習っていたわけでもなく、機材を買うお金があったわけでもない、楽譜が読めたわけでも、音楽の成績が5だったわけでもない(むしろ2でした)。

才能があったわけでもなく、ただ「音楽を聴くのが好きだった」右も左もわからないのに挫折を繰り返しながらも、ひたすら独学を繰り返してきたらいつの間にか音楽で食べていけるようになりました。

そんな161Pが解説しています。

世の中には作曲をしたいと思っている人は多いのにもかかわらず、作曲のやり方を解説している記事や動画が少ないですよね。

これだけ需要があるのになぜか誰も解説していません。

DTM初心者からすると「今曲を作れる人は一体どうやって作曲できるようになったの?」とめちゃめちゃ疑問に思っているはずです。

そして「きっと何か秘密があるんだ」とか「専門学校に行かないとそういう情報はないんだ」と思っちゃいますよね。

でももう安心してください。この記事にたどり着いたあなたは超ラッキーです。なぜなら世の中にないような情報をこの記事で知ることになるからです。

僕も昔は「どうして曲を作れる人は曲を作れるの?」とはなみず垂らしながら思っていました。「きっと前世がベートヴェンだったんだろう」とか「きっと誰かに音楽を習っているんだ」と思っていました。

でも僕は多分前世はベートヴェンじゃないし、専門学校にいくお金もなければ、楽器を習うお金もありませんでした。だから、ひたすらに頭を抱えながら独学を続けてきました。

たくさん挫折して投げ出したこともありましたが、なんとか10年以上かけてプロになりました。

そしてこの記事にはそんな僕の10年以上の知識が詰まっています。

そしてその知識やコツなどの情報を余すことなくお伝えしています。

「嘘だ」と思う人は最後まで読んでから嘘だったかどうかを決めてくださいね。

もしこの記事を最後まで読んだら、さっそく音楽制作に取りかかって、あなたも曲が作れるようになることをぜひ知ってくださいね。

長くなりましたが本題に入ります。

中学生でもできる作曲の具体的なやり方

結論以下の通りです。

作曲の具体的なやり方

・曲の雰囲気を決める。(具体的にイメージする)

・メロディと歌詞を考えながらコードを当てはめていく。

シンプルですね。深掘りしていきます。

曲の雰囲気を決める

さっそくですが、ここが一番重要です。

ここでもうクオリティの全てが決まります。

手を抜いたらもう終わりです。

ポイントはコード進行、メロディ、歌詞を全てセットで考えること

なぜなら、コード進行だけ考えても実際の曲の雰囲気がわからないから。

すでに少し作曲をしている人ならこんな経験はありませんか?

・とりあえずAメロコード進行は決まったけどBメロってどうやって作るの?

・コード進行は決まったけどメロディが思いつかない

・コード進行が単調すぎて面白くない

・コード進行を決めたけど、なんかめっちゃ複雑になって自分でもよくわからない

上記のような状況になってしまう人は、「コード進行とメロディと歌詞」を同時に考えていません。

考えてみれば簡単な話で、音楽には歌詞があって、それに合うメロディがあって、それらに合うコード進行があります。

それなのにも関わらず曲作りを以下のように考えるのはどう考えてもおかしいですよね。

・「コード進行」

・「作詞」

・「メロディ作り」

歌詞にはストーリがあるので、それにあったメロディやコード進行がなければ成り立ちませんし、聴いてくれる人の心に響かせることはできませんよね。

例えば、ある男の子にずっと片思いしている女の子が、やっとのことで勇気を出して告白をするというシーンなら、転調してサビを華やかにしたり。

とか、あるいは

あなたが学校帰りのセブンでウキウキ気分で唐揚げ棒を買おうとしたのに、あと50円足りなかったとかだったら、最初は楽しい曲調なのに、途中からは少し哀しげな曲調にするのが自然ですよね。

上記のような感じで、曲作りは「コード進行、作詞、メロディ作り」を1セットで考えなければなりません。

ところが多くの記事や本だと、なぜか別々に解説されていたりしますよね。そりゃあDTM初心者はいつまで経っても曲が作れるようにはならないわけです。

初心者ほどコード進行のみを一生懸命に考える

・コード進行だけ決めて満足してそのままソフトを閉じる

・コード進行は決まったけど、どんなメロディをつけたら良いかわからない

・コード進行とメロディは決まったけど、歌詞が思いつかずダサい曲になる

リファレンス曲を準備しよう。

リファンス曲とは「参考にする曲」という意味ですね。

お料理でも一緒ですが、何かを作ろうとしたらまずはレシピを見たり、完成品を参考にしたりしますよね。

音楽も一緒で0から作り上げて行く必要はありません。

あなたが作りたい曲のイメージと似ている曲があれば、大いに参考にすべきです。

初心者ほど、なぜか頑なにリファレンス曲を準備しませんが、どう考えても非効率です。

「パクる」とは別なので、罪悪感を抱く必要はありません。

レシピを見ながら料理をつくるのがすら嫌だという人はおすすめしませんが、そんな変わった人なかなかいないですよね。

作曲に必要なもの

以下のとおりです。

  • パソコン
  • オーディオインターフェイス
  • DTMソフト
  • MIDIキーボードや電子ピアノ
  • ボーカル音

詳しくは以下の記事で解説しておりますのでぜひ参考にしてください。

DTMをはじめるときに必要なものとは?初心者にも分かりやすく解説!

作曲を上達させるために普段から行うこと

以下のとおりです。

  • 本で勉強すること
  • いろんな曲を聞くこと
  • 常に歌詞を考えること
  • 耳コピをしてみるこ
  • 毎日音楽に触れること
  • よく寝ること

深掘りしていきます。

とにかく本で勉強しよう

右も左もわからないという人はとにかく1冊を本を買ってきて、破れるくらいに読み込みましょう。


 


トニックとかドミナントとか言葉の意味だけ覚えても全く意味がありません。

本で勉強していくと、「トニックコード」とか「ドミナントモーション」とか「ツーファイブ」とかいろんな専門用語が出てきます。

これらの専門用語を覚えること自体はほぼ無意味です。

大事なのはそれらの特徴を理解して、あなたの曲に実際に使っていくことです。

いろんな曲を聞くこと

本である程度のインプットができたその後は、いろんな音楽をたくさん聴きましょう。

本で勉強したとしても多分2割くらいしか理解できません。しかしそれでいいのです。曲作りは自転車と一緒で、実際に体験してみないと一生できるようにはなりません。

本の内容を2割くらいなんとなく理解できたら、プロの曲を意識して聴いてみましょう。

そうしたら本で書かれている内容が驚くほどスッと頭に入ってきます。

耳コピは早いうちからしておきましょう。

耳コピはあなたの楽曲制作の能力をグンとUPさせ、そして思い通りに曲が作れるようになる裏ワザです。

耳コピを行うメリットはたくさんあります。

・プロと同じコード進行を使いこなせるようになる

・プロと同じようにメロディ作りが上手くなる

・プロの曲作りが見えるようになる

上記の通りです。耳コピはコスパが良いので今すぐやりましょう。

実際に曲作りを行う際のコツや注意点

曲作りのコツ

・転調できないかな?と常に考える

・リファレンス曲を用意する

曲作りの注意点

・曲は降りてきません。

・アイデアが浮かばない時は無理して続けない

【悲報】曲作りはすぐにできるようになるものではありません。

残念ながら曲作りは今日勉強してすぐにできるようにはなりません。

自転車も毎日乗ることでちょっとずつ乗れるようになっていきます。

曲作りも一緒で毎日音楽に触れて、実際に作ってみることでちょっとずつできるようになります。

もっと曲作りを学びたい人は他の記事も読んで見てください。

DTM初心者は何からやるべき?経験0から音楽家になった方法を教えます

The following two tabs change content below.

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

-作曲方法, 音楽
-, ,

© 2020 161ろぐ Powered by AFFINGER5