【有料級】ボーカルミックスの基礎からテクニックまで徹底的に解説

スポンサーリンク
DTM

こんにちは161Pです。

タイトル通りですが、今回の記事ではボーカルミックスの知識やテクニックを共有していきます。

「ボーカル ミックス」で検索する人の意図はおそらく以下の通り。

一つでも当てはまったらこの記事を読む価値があります。

当てはまらなかったら時間の無駄なのでブラウザバックで大丈夫です。

この記事を読むべき人

・ボーカルミックスの基礎を知りたい人
・ボーカルに最適なコンプをかけ方を知りたい人
・ボーカルに最適なEQのかけ方を知りたい人
・その他ボーカルミックスのテクニックを知りたい人

今回紹介するテクニックは以下の通りです。

・オートメーションの使い方
・さ行、た行等で耳が痛くなる時の対処法
・ボーカルが浮いたり、こもったりするときの対処法
・マルチバンドコンプの効果的な使い方
・広がりのあるボーカルにする方法、リバーブの使い方
・ディレイの使い方
・ダブリング
ミックスって正解がないですし、人それぞれなので初心者さんにとっては難しいですよね。あとあんまり解説とかしないから情報量が少ないですし。
本記事が少しでも役に立てば嬉しいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボーカルミックスの基礎

まずは基礎から押さえていきます。

ボーカルのミックスに使うエフェクトって意外と少なかったりします。

プロがボーカルのミックスに使うエフェクトは以下みたいな感じです。

・コンプ
・EQ
・リバーブ

マジでこれくらいしか使っていません。

初心者~中級者ほど、色々エフェクトをぶちこんでいる印象があります。

コンプ、EQ、リバーブで上手く馴染まないときは?

さきほどあげた基本的なエフェクトでボーカルが上手く馴染まない時は、

そもそもの音源に原因があることが多いです。

音源に原因がある

ミックスのクオリティって基本的には、もとの音源である程度はもう決まっています。

例えば、音割れしている音源はどんなに頑張ってミックスしても音割れしてるし。

もとの音源が、極端にこもっていたり、スカスカだったりするとその時点で結構クオリティが下がります。

なので、まずは録った音源に問題がないかをチェックしましょう。

ボーカルミックスで最適なコンプ、EQのかけ方

ボーカルのミックス作業ではコンプとEQで9割くらい終わりです。

ここの処理をミスらなければだいたい大丈夫です。

コンプ

ボーカルミックスで最適なコンプ、EQのかけ方については別の記事で解説しているので参考にしてみてください。

ボーカルに最適なコンプレッサーの設定は?ミックスのコンプの使い方
ボーカルにコンプレッサーをかけるとき、だいたいどのくらいの設定をすればよいのだろうと悩む人は多いのでないでしょうか。今回はコンプレッサーの使い方など初心者の方にも分かりやすく解説していきます。

EQ

ボーカルミックスで最適なコンプのかけ方についても別の記事で解説しているので参考にしてみてください。

イコライザーは難しい?ボーカルのミックスが上手くなる方法!EQ編
ボーカルMIXにおけるイコライザー(EQ)の上達法について詳しく解説!多くの人が陥りやすい落とし穴の解説や具体的なイコライザー(EQ)のかけ方を解説!初心者の方でも分かりやすく丁寧に説明しています。レベルは初心者〜上級者と幅広く対応!これであなたもイコライザーが苦手ではなくなります!

ボーカルミックスのテクニックを知りたい人

おさらいですが、今回ご紹介するテクニックは以下の通りです。

・オートメーションの使い方
・さ行、た行等で耳が痛くなる時の対処法
・ボーカルが浮いたり、こもったりするときの対処法
・マルチバンドコンプの効果的な使い方
・広がりのあるボーカルにする方法、リバーブの使い方
・ディレイの使い方
・ダブリング
それでは解説していきます。

オートメーションの使い方

コンプがどうにも上手くいかない時はオートメーションを書きましょう。

というかコンプをかける前にオートメーションで下ごしらえをしておいた方が無難です。

オートメーションとは?
音量やパンなどのフェーダーの位置や値などを記録させ、再生時にもそれを適用させる効果です。

初心者ほど、オートメーションを書かなかったり、ボーカルトラックを分けなかったり、パートごとにコンプを分けなかったりします。

オートメーションの応用

オートメーションで設定できるのは、ボリュームとパンだけではありません。

EQやリバーブなど基本的にはどんなエフェクトにも書けます。

一部分だけ響かせたいとか、ラジオっぽくしたいといったときでも、わざわざトラックを分ける必要はなく、それ用のリバーブ、EQを準備して、必要な時だけそれらエフェクトのボリュームを上げることによって再現できます。

トラックを分けない→同じ設定のコンプやEQを再度挿す必要がないのでPCへの負荷も防ぐことができます。

さ行、た行、ぱ行等で耳が痛くなる時の対処法

さ行、た行、ぱ行等は音割れしやすかったり、耳に刺さりやすい音ですよね。

いわゆる、歯音、摩擦音、破裂音などが原因です。

すでに音割れしている場合は、録りなおすのがベストです。

ただ、コンプやEQをかけたときの歯音、摩擦音、破裂音が強調される場合は、ディエッサーを使うのが効果的です。

具体的な解決策は別の記事で解説しているので以下を参考にしてみてください。

ミックス:ボーカルがキンキンして痛い原因はサ行・子音と音割れ?!
不快なサウンドの原因は発音だった?!正しいエフェクト処理のやり方とは?!テクニックやノウハウを大公開!ボーカルのミックス作業をしているなかで「なんだか耳が痛いな」「キンキンするな」といった経験、ありますよね。今回はボーカルミックスの「キンキン問題」について解説していきます。不快なサウンドとはこれでさようならです!
ディッサーとは?
簡単に言うと、歯音、摩擦音、破裂音を消すエフェクトです。
基本的にはどのDAWにも付属しています。

ボーカルが浮いたり、こもったりするときの対処法

ボーカルが浮いたり、こもったりするときの対処法については別の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

ボーカルミックス:こもる・浮く時のEQ・コンプ、エフェクト処理のコツ
ボーカルMIXで「こもる・浮く」ときはどうしたらいいの?!その意外な原因と対処法とは?!EQやコンプ、その他のエフェクト処理のコツを大公開!初心者にも分かりやすく解説しています。すぐに使えるテクニックやポイントもまとめていますのでMIXで悩んでいる方は必見です。MIXの悩みを解決してあなたもプロへと一歩近づきましょう!

マルチバンドコンプレッサーの使い方

どんなに丁寧にボーカルを録ったりコンプやEQをかけたりしても、どうしても複数の帯域で飛びだしちゃっているときがあります。

そういうときはマルチバンドコンプレッサーを使いましょう。

マルバンドコンプレッサーとは?

分かりやすく言うと、指定した帯域の音をピンポイントにつぶせるエフェクトです。

例えば、ボーカル音源の途中で極端にこもっているところがあれば、こもるその瞬間だけ低域をカットするといったことができます。

アタック、リリース

使い方は、コンプレッサーと同じです。

コンプを帯域ごとにコンプがかけられるような」イメージ。

低域は遅め~普通、高域は速め。

飛び出たところだけをピンポイントで処理するのでレシオはきつめで大丈夫です。

広がりのあるボーカルにする方法

広がりのあるボーカルミックスにする方法の解説です。

結論、リバーブを使いましょう。

広がりのあるボーカルにしたいときのリバーブの使い方

まずは、リバーブ用のトラックを作ってセンドで送り込みます。

直接インサートする派もいますが、好みとケースバイケースです。

ただ、直接インサートすると、今まで作り上げた音がボヤけることの方が多いので、今回はセンドにしましょう。

設定例

Wetは100%で大丈夫です。

まずはリバーブの低域、高域をEQでバッサリカットしましょう。

結構大げさに

・低域は、100~500をカット
高域は、16kHz以上をバッサリカット

あとは、リバーブタイムとルームサイズのバランスを考えながら好みの音に作っていきます。

・ルームサイズはそこまで大きくしなくても大丈夫です。
・どちらかというとリバーブタイムで調整していきます。
・音が重なりあって不自然な時はプリディレイを30以上で、最適な場所を探してみるとOK。

ディレイの使い方

ディレイは目的がない場合は使わなくても大丈夫です。

主な使い方は

・音を反響させたいとき
・やまびこみたいな処理をしたいとき
・奥行きを出したいとき
・逆に強調させたいときにダブリング的な使い方をする
ダブリングとは
ボーカルトラックの2回(以上)重ねることです。
昔の洋楽とかに多いイメージですね。ビートルズとか。

設定例

リバーブとほぼです。

Wetは100%で大丈夫です。

まずはリバーブの低域、高域をEQでバッサリカットしましょう。

結構大げさに

・低域は、100~500をカット
高域は、16kHz以上をバッサリカット
あとはディレイタイムとフィードバックを調整して、やまびこ具合を調整します。

ディレイも基本的にはセンドで大丈夫です。フィルターもディレイエフェクトのパラメータをいじるよりは別途EQをかけてあげた方が良い気がします。

ダブリング

ダブリングはディレイでしてもいいのですが、純粋にトラックを2つに分けて、微妙にズラした方がやりやすいです。

ボーカルパートもできれば、2回録った方が面白いです。

本格的に勉強をしたいなら

本格的に勉強をしたいなら、教則本を使うのがおすすめです。







正直ミックスやマスタリングの情報ってネットに少ないですからね。

必要な情報を探している時間がもったいないので、教則本で一撃で解決した方が良いです。

上記で紹介している教則本は良書です。

私も使っていますが、非常にわかりやすい。

それぞれ1冊だけではミックスをマスターするには物足りないというか、知識としては不十分なので、4冊を組み合わせながら勉強をしていくのがおすすめです。

面倒くさいという人は

最近は自動でMIXしてくれるプラグインがあるのでめちゃ便利です。

【コツ】izotopeは自動でミックス・マスタリングをする神プラグイン【時代はAI】
この記事は以下のような人におすすめです。 MIXが上手くできない マスタリングが上手くできない MIX・マスタリングに時間をかけたくない MIX・マスタリングのコツを知りたい MIX・マスタリングって面倒く...

記事ではエントリー版のものを紹介していますが、現在最上位版のセールをしてて、

通常8万円ほどするプラグインが2万台になるというもはや意味が分からないくらい破格になっています。

この先ミックスをしたくない人や、自動ミックスから各エフェクトの使い方やパラメータの値を勉強したい方は今のうちに手に入れておくのが吉です。


[数量限定 超得セット] iZotope Ozone9 Advanced/ Neutron3 Advanced/ Nectar3 [Tonal Balance Bundle] 【アイゾトープ】

The following two tabs change content below.
161P

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました