ボーカルミックス:こもる・浮く時のEQ・コンプ、エフェクト処理のコツ

スポンサーリンク
MIX
こんにちは、161P(@_161P)です。
本日は
  • ボーカルがこもってしまう・・・。
  • ボーカルが浮いてしまう・・・。
↑こういった悩みを解決します。
本格的にMIX・マスタリングを勉強したい方向けの教則本
この記事の内容も含め応用できる技術も学べるのでおすすめです。

関連記事
【コツ】izotopeは自動でミックス・マスタリングをする神プラグイン【時代はAI】
この記事は以下のような人におすすめです。 MIXが上手くできない マスタリングが上手くできない MIX・マスタリングに時間をかけたくない MIX・マスタリングのコツを知りたい MIX・マスタリングって面倒く...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボーカルミックス:ボーカルがこもるときのエフェクト処理とコツ

原因と解決策

まずは原因を探ることから大切です。闇雲に色々いじっていては中々解決できません。

 

ミックスで躓いたときは必ず原因を探る→それに合わせた対処をする。ということを意識しましょう。よくある原因をピックアップしてみました。順に解説をしていきます。

 

よくある原因とチェック項目

  • そもそもの音が悪くないか。
  • 他の音域と被っていないかチェックする。
  • EQ処理は適切か。
  • コンプレッサー処理は適切か。
  • 他のエフェクト処理が原因かも・・・?

そもそもの音が悪くないか

まずはそもそもの音が悪くないかどうかチェックしてみましょう。

ミックスは元々の音源より良い質にすることは困難を極めます。というかほぼ不可能です。

録音されたボーカルに変なこもりグセがついていた場合は、できるだけ録りなおしをしましょう。

 

他の音域と被っていないかチェックする

ボーカルがこもってしまう原因の多くは、他の楽器と音域が被ってしまっていることが多いです。

ボーカルを聞こえやすくするには800Hz~8kHzあたりを意識すると良いです。

具体的には

  • 他の楽器の800Hz~8kHzあたりをカットしてボーカルのスペースを確保する。
  • この帯域のボーカルを持ち上げる(インプットレベルがピークしないように注意する)

2番目のボーカルを持ち上げるのは極力控えたほうが無難です。なるべくEQはブーストよりもカットするということを意識しましょう。→気が付かないうちに色んなトラックでブーストをかけてしまい音域がゴチャゴチャになったり耳が痛いミックスになったりすることを防ぐためです。

EQ処理は適切か

先ほどの音域被りとも関連しているのがEQ処理です。まずは以下のことをチェックしてみましょう。

  • 他の音域と被っていないか。
  • 低音域が膨らんでいないか。
  • 中音域をカットしていないか。

 

・他の音域と被っていないか

これは先ほど説明しましたので割愛します。

 

・低音域が膨らんでいないか

ボーカルの低音域が膨らみすぎていると、こもってしまいがちです。

その場合はEQでその帯域をカットすることで解決することがあります。

具体的な方法

  • 100Hz~800Hzあたりを中心にこもっている箇所を探してカット。
  • ピークをピンポイントでカットする。

ピークをピンポイントでカットする方法は以下記事にまとめていますのでご参照ください。

イコライザーは難しい?ボーカルのミックスが上手くなる方法!EQ編
ボーカルMIXにおけるイコライザー(EQ)の上達法について詳しく解説!多くの人が陥りやすい落とし穴の解説や具体的なイコライザー(EQ)のかけ方を解説!初心者の方でも分かりやすく丁寧に説明しています。レベルは初心者〜上級者と幅広く対応!これであなたもイコライザーが苦手ではなくなります!

・中音域をカットしていないか

ボーカルの中音域をカットしていると音がこもる場合が多いです。

800Hz~8kHzあたりをカットしていないかチェックしてみましょう。

コンプレッサー処理は適切か

EQの設定を見直せたら次にコンプレッサーの設定を見直していきます。

ボーカルがこもってしまう原因の一つとして、コンプで圧縮しすぎていることがあります。

圧縮しすぎているときに見直す箇所は以下の通りです。

  • スレッショルドを下げすぎている。
  • レシオの値が大きい。

また加えてアタックとリリースについても以下のことをチェックしておきましょう。

  • アタックが早すぎて波形の頭がつぶれていないか。
  • リリースが遅すぎてノッペリとしたサウンドになっていないか。

ボーカルに最適なコンプレッサーの設定などの詳しい解説が欲しいという向けに以下記事にまとめております。

ボーカルに最適なコンプレッサーの設定は?ミックスのコンプの使い方
ボーカルにコンプレッサーをかけるとき、だいたいどのくらいの設定をすればよいのだろうと悩む人は多いのでないでしょうか。今回はコンプレッサーの使い方など初心者の方にも分かりやすく解説していきます。
スポンサーリンク

その他のエフェクト

「EQもコンプも問題なかったよ・・・。」

という方は他のエフェクト原因かもしれません。以下のことをチェックしてみてください。

  • デュエッサーで頻繁・極端に中音域~高音域がカットされている。
  • 空間系エフェクトが影響で埋もれている。
    ⇒リバーブ、ディレイ(プラグインの設定とセンドの帯域もチェックしてみましょう)。
スポンサーリンク

ボーカルミックス:ボーカルが浮くときのエフェクト処理とコツ

原因と解決策

こちらもまずは原因を突き止めて適切な対処をしましょう。

よくある原因とチェック項目

  • ピッチ・音程がズレている。
  • ボリュームのバランスがおかしい。
  • EQ処理は適切か。
  • コンプレッサー処理は適切か。
  • 空間系エフェクトの処理。

音程・ピッチがズレている

これは本当にとてもよくあります。

曲にはスケール(音階)というものがあります。分かりやすくいうと「ドレミファソラシド」のことです。(Cメジャースケール)

Cメジャースケールの曲の場合、基本的には「ドレミファソラシド」以外の音を使うと「音痴」に聞こえます。音痴というのは言い換えれば「不協和音の音」ということになりますので、そこだけ「なんか変だな」と目立ってしまいます。これが「ボーカルが浮く原因」です。

つまり、音程がズレているとめちゃくちゃ浮いて聞こえるということです。

これって本当によくあることなのでいま一度正しい音程で歌えているかどうかをチェックしてみましょう。

音程やピッチがズレている場合は、録りなおすか、ピッチ補正をしましょう。(ピッチ補正は不自然に聞こえてしまう原因にもなりかねないので、できるだけ録りなおすようにしましょう。)

リュームバランスをチェックしよう

次によくあるのがボーカルのボリュームが大きいということです。

本当に純粋にこれだけが原因だったりすることもあります。いま一度見直してみましょう。

ボリュームバランスをチェックするときはイヤホン・ヘッドホン・スピーカーそれぞれで聴き比べることを強くおすすめします。なぜなら一つのモニターでボリュームを決めると他のモニターで聴いたときにかなり違って聞こえることがあるためです。

もっと言うなら、各モニター2つずつくらい用意して聴き比べると尚良いでしょう。

例:スピーカーAで聴いたときは問題なかったが、スピーカーBで聴いてみたらボーカルが前に出すぎているように聞こえた、等

EQ処理は適切か

EQ処理が原因で浮いてしまっていることもあります。以下のことをチェックしましょう。

  • 他の音域と被っていないか。
  • 極端にカット・ブーストしすぎている
  • 不要な音域のカットができていない
  • ピークが削れていない

ボーカルのEQ処理の方法については以下記事にまとめておりますので、ぜひご参照ください!

イコライザーは難しい?ボーカルのミックスが上手くなる方法!EQ編
ボーカルMIXにおけるイコライザー(EQ)の上達法について詳しく解説!多くの人が陥りやすい落とし穴の解説や具体的なイコライザー(EQ)のかけ方を解説!初心者の方でも分かりやすく丁寧に説明しています。レベルは初心者〜上級者と幅広く対応!これであなたもイコライザーが苦手ではなくなります!

コンプレッサー処理は適切か

コンプの影響によるこもる・浮くの原因はだいたい同じだったりします。

なぜなら、こもっている⇒だから浮いて聞こえるということにつながるからです。

コンプが原因でこもる場合は、圧縮しすぎているでしたよね。浮いたときはこれに加えて以下項目をチェックしましょう。

  • 圧縮しすぎていないか(こもっているから浮いて聞こえる)
  • ダイナミックレンジが整っていない。
  • アタックが遅すぎて不自然に聞こえる。
  • リリースが早すぎて不自然に聞こえる。

 

コンプレッサーの具体的な使い方は以下記事にまとめていますのでぜひご参照ください!

ボーカルに最適なコンプレッサーの設定は?ミックスのコンプの使い方
ボーカルにコンプレッサーをかけるとき、だいたいどのくらいの設定をすればよいのだろうと悩む人は多いのでないでしょうか。今回はコンプレッサーの使い方など初心者の方にも分かりやすく解説していきます。
スポンサーリンク

その他のエフェクト

以上を全て見直してもまだ浮いて聞こえるという場合は別に原因があります。エフェクト処理も含め以下のことをチェックしてみてください。

  • ホワイトノイズが入っている。
  • リップノイズ・タッチノイズが入っている。
  • 声質が曲とマッチしていない。
  • 空間系エフェクトが強く効きすぎている。
    ⇒リバーブ、ディレイ等

ちなみにMIXを本格的に学びたいのであれば教本を使うのもアリです。

この記事に書いてあることも含め応用的な知識や技術も身に付くのでおすすめです。


どうしても解決できない場合は?

どんな手を使っても解決できなかった場合は、もうAIに任せることおすすめします。

iZotope社のプラグインは自動的にエフェクト処理をしてくれるので便利です。

詳しくは以下の記事ですべてまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。

【コツ】izotopeは自動でミックス・マスタリングをする神プラグイン【時代はAI】
この記事は以下のような人におすすめです。 MIXが上手くできない マスタリングが上手くできない MIX・マスタリングに時間をかけたくない MIX・マスタリングのコツを知りたい MIX・マスタリングって面倒く...
今回はここまでです!
ご不明な点や疑問点があれば、お問い合わせフォームかTwitterのリプにてお気軽にお声かけ下さい!
Twitter: @_161P
スポンサーリンク

お問合せ

The following two tabs change content below.
161P

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました