ガジェット

M1 MacBookは何ができる?趣味や仕事をクリエイティブにしよう。

考えている人

MacBookほしいけど、なにができるんだろう?

あと、どのMacBookを買ったらいいんだろう?

趣味や仕事にも使えるのかな・・・?

本記事は、上記のように考えている人向けの記事です。

本記事の内容

・MacBookの良いところ

・MacBookを買うべき理由

・MacBookを使うことによって手に入る未来

・MacBookにできること

・どのMacBookを買えばいい?

本記事の信頼性

MacBookAirを発売当初に買ってから、今日までずっと毎日使っています。

もともとWindowsユーザーで買うまでに色々悩みましたが、結論今ではwindowsよりも頻繁に使っています。

用途もブログ、動画編集、音楽制作などかなりクリエイティビティな使い方をしておりますので、今回「MacBook買おうかなどうしようかな」と悩んでいる人に少しでも分かりやすく情報をお伝えして、背中を優しくポンと押すことができたら嬉しいです。

Macbookってかっこいいですよね。私も長年windowsを使っていましたが、M1チップ搭載の新しいMacBookが発売されたのをきっかけに購入しました。

理由は「なんとなくかっこいいから」でした。

「なんだよ、明確な理由ないのかよ」と思われて人もいるかもしれませんが、実際は「かっこいいから」というのも立派な理由なんですよね。

だって、Appleからしてみれば「自社のデザインを気に入ってもらって買ってもらった」と言えるからです。

今回の記事では「なんとなくmacbook欲しい」「macbookってなにができるの?」と思っている人むけに、macbookを買うべき理由と、MacBookを手にすると「どんな未来が手に入るのか」を分かりやすく解説していきます。

ちなみに動画編集用でMacBookの購入を考えている人はぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

M1チップ MacBookAirで動画編集はきつい?おすすめソフトは?

それでは本題に入ります。

MacBookの良いところ

「MacBookを買うおかなあ、どうしよかなあ」と悩んでいる人は今すぐ買うべきです。

そもそもどうしようかなあと迷っている時点で少なくとも購買意欲はかなり高いはずです。

とはいえ、心のどこかで「いやでも、必要ないっちゃ必要ないもんな、うんうん」と自分を止めている人もいるはずなんですよね。

でも、そう思う多くの人は、ここ最近ずっと買うかどうか悩んでいるのではないでしょうか。

大丈夫です。ここから先を読めばきっとあなたもポチってしまうはずです。

なぜなら、「MacBookを使うことによって手に入る素敵な未来」をステマなしで解説していくからです。

それくらい素敵なノートパソコンですから。

ポイント

・カッコいい

・価格が安い

・動作が軽い

・ファンレスで静か

・充電の持ちが良い

・性能が高い

1つずつ深掘りして解説します。

かっこいい

MacBoookってシンプルにかっこいいんですよね。

この「カッコいい」っていうのは意外と重要です。

なぜなら、良いことがたくさんあるからです。

・モチベーションが上がる

・つい触りたくなる

・作業が進む

上記のとおりです。

見た目がかっこよく、モチベーションが上がるので、作業がはかどります。

作業がはかどるということは、新しい未来を手に入れることにもつながるのでかなり有益です。

価格が安い

MacBookは価格が安いので比較的手に入れやすいです。

意外かもしれませんが、windowsを買うよりコスパが良いんですよね。

つまり、予算が少ない人でも買うことができますし、余ったお金は好きなことに使えるということです。

参考までにwindowsPCと比較してみました。

MacBook Air 104,800円

同等スペックのWinPC 130,000円

動作が軽い

MacBookは動作が軽く、快適に作業ができます。

かなり快適なので、作業をするまでのアプローチも気軽で、モチベーションが落とすことはありません。

気軽にパッと作業をしたり、高性能で作業中のストレスがなくなるのもMacBookのメリットですね。

動作が重いとそもそも起動すること自体がめんどうだったりしますから。

ファンレスで静か

新型のMacBookはファンレスなので、熱が籠らず、「ウィーン」という音もしないので静かです。

音が静かなので、カフェや電車などで作業しても迷惑になりません。

このように場所を選ばずに快適に作業がこなせるのはメリットですね。

毎日まいにちおうちで作業していると、たまには気分転換に違う場所で作業したくなりますから。

充電の持ちが良い

macBookは驚くくらい充電持ちが良いです。

ブログを書くくらいだったら1回のフル充電で3,4日ほど持ちます。

電池持ちがかなり持つので、外出先でも困ることがありません。

それどころか作業に没頭することができるので、作業効率を高めることができます。

性能が高い

MacBookは他のパソコンより優れています。

あなたのやりたいことがほぼできると言っても過言ではないでしょう。

例えば、ブログも動画編集もゲームも全部1台でできます。

クリエイティブで楽しく、新しい毎日を手に入れましょう。

MacBookを使うことによって手に入る未来

これまでの内容を踏まえると、MacBookを使うことによって手に入る未来は以下のとおりです。

・カフェでまったり作業ができる

・薄くて軽いからタクシーや電車など隙間時間に使える

・気軽にパワフルな作業が行える

・長持ち充電で作業に集中ができる

・シンプルでかっこいいからどこへでも持ち運びたくなる

・「MacBookを使っている」という事実がモチベーションを上げてくれる

・周りから一目置かれる。

MacBookにできること

ところで、MacBookにできることって一体なんなんでしょうか。

発売からずっと毎日使っている僕がお答えします。

答えはズバリ以下のとおりです。

・動画編集

・写真編集

・プログラミング

・イラスト作成

・動画視聴

・Web検索

・講義の内容をまとめる

・パワポやエクセルを使う

結構なんでもこなせちゃうんですよね。

特に最近は動画編集やプログラミングをするためにMacBookを使うという人も増えているみたいです。

実際MacBookは同価格帯のWindowsノートパソコンに比べて、性能が高いのでかなり人気ですよね。

まとめ

結論、MacBookは迷っている人にもおすすめです。

カフェで気ままに動画編集をしたりブログを書いたりするのはめちゃめちゃ快適です。

ジムの帰りに食事をしながら作業することもできますし、お布団でゴロゴロ作業することもできます。

薄くて軽いのに、中身はパワフルなので実現できることですね。

どのMacBookを買えばいい?

ほとんどの場合は一番下のグレードで大丈夫です。

具体的には以下のものですね。


アプリやソフト、写真など保存するものが他よりも多い人はストレージ512GBを選ぶのが良いです。


4Kや8Kの動画編集をする人はproを選びましょう。

そのほかにも3Dモデルの編集、3Dゲームなどを重たい作業を行う人は、Proを選ぶのが無難です。


こちらもアプリやソフト、写真など保存するものが他よりも多い人はストレージ512GBを選ぶのが良いです。


 

The following two tabs change content below.

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

-ガジェット
-,

© 2021 161ろぐ Powered by AFFINGER5