iPad ガジェット

【1週間レビュー】iPad Proは11インチと12.9インチの違い【比較あり】

考えている人

新型のiPad Pro欲しいけど11インチと12.9インチどっちがいいんだろう?

上記のような人向けの記事です。

本記事の内容

・11インチと12.9インチどちらを選ぶべきか。

・11インチと12.9インチのそれぞれのメリット・デメリット。

・あなたはどっちを選ぶべき?

本記事の信頼性

iPad 8世代、Air4,i Pad Pro11インチ,iPad Pro 12.9インチすべてを持っているiPadマニアが解説です。

毎日iPadを使ってブログや動画編集、写真編集、読書、勉強、ゲームなどもいろんなことをしているマニア目線で記事を書いております。

こんにちは161Pです。今日はiPad11インチと12.9インチどちらを選ぶべきかを解説していきます。

今回伝える情報は前提として、

・Magic Keyboardをつけてパソコンチックにバリバリ仕事をする

・Magic Keyboardを外してタブレットとしても使い倒した

上記2点の目線で解説をしていきます。

iPad Proは11インチと12.9インチどちらを選ぶべきか。

結論、ほとんどの人はiPad Pro11インチでいいです。

というのも、実は筆者はここ最近12.9インチをずっと使ってきたんですよね。

iPad Pro11インチは元から持っていて、今回初めて12.9インチを使ってみたのですが、正直な話でどっちでもいいなって思ったんですよね。

iPad Pro 11インチと12.9インチにできることにはほとんど違いがない

なんていってる僕も、最初は12.9インチ画面大きいうおーすげーめっちゃいいジャーン!って思っていたんですよね。

でもiPad12.9インチiPad Proも3日も経ったころには「別にここまで大きくなくてもいいよね。11インチでも十分大きいよね」って思っちゃったんですよね。

・アニメ
・映画
・ブログ
・動画編集
・写真編集

上記のようなことは一通りやったのですが、あまり違いを感じることはできませんでした。

といいいますか、もっというなら「わざわざ高いお金を払ってまで画面大きくしなくてもいいんじゃない?」と感じました。(厳密なニュアンスとしては12.9インチに価格ほどの価値を感じられなかったからという印象)

とまあ上記のことも含め、僕は11インチのおすすめします。

とはいえ、それぞれ使っててメリットやデメリットも感じたのでそれもお話ししていきます。

iPad Proの11インチと12.9インチのそれぞれのメリット・デメリット

まずはメリットから。

iPad Pro 11インチのメリット

・全てのおいてちょうど良いサイズ

・パワフルなのに気軽に扱える

iPad Pro 12.9インチのメリット

・Magic Keyboardが打ちやすい

・画面が大きいので作業効率が上がることもある

・所有欲を満たしてくれる

上記のとおりです。

iPad Pro 11インチのデメリット

11インチのデメリットは特にないです。

強いていうなら、12.9インチと比較するとSplit Viewが少し小さいかなという感じ。

でも十分実用的なので、問題はないでしょう。

一方、iPad Pro 12.9インチのデメリットはわりとある

・価格が高い

・視点移動が大きくて疲れる

・指の移動が大きくて疲れる

この3つですね。1つずつ解説していきます。

iPad Pro 12.9インチは価格が高い

価格が高いのはもう言うまでもないですね。普通にパソコン買った方がいいのではという意見が出るのがもっともなくらい高いです。

とはいえ、パソコンとiPadではそれぞれでできることが違ったり、それぞれのメリットがあります。

パソコンとiPadどっちを買うべきか見たいな話は別の動画で話しているのでそちらをご覧ください。

iPad 12.9インチは視点移動が大きくて疲れる

画面が大きいと言うことは視点移動もそれだけ大きくなります。

Magic Keyboardをつけたり、別スタンドをつけて、デスクの上でパソコンみたいに作業する分は気になりませんが

手にとってタブレットとして使おうとすると結構疲れます。

大きすぎてもデメリットなんだなあと使ってわかりました。

iPad 12.9インチは指の移動が大きくて疲れる

これも当たり前ですが、画面が大きいと言うことは指の移動もそれだけ大きくなります。

iPadはあくまでタブレットなので、画面をタッチして操作をします。

Magic Keyboardをつけたり、別スタンドをつけて、デスクの上でパソコンみたいに作業する分は気になりませんが、手にとってタブレットとして使おうとすると結構疲れます。

例えば、ブラウジングとかも結構疲れます。

戻るボタンを押したい時とか、サファリのボタンとボタンまでの距離が遠いですし、ツイッターやインスタとかを更新したいときにピュッとしたに引っ張って更新すると思うんですが、弓矢を大きく引くように結構引っ張らないといけません。

しかも手に持っているときに何かのボタンを押したり、スワイプする時って一瞬だけ、片手で支えることになるんですがこれがまた重いんですよね。

特に仮想キーボードで文字を打つときもキーボードが大きいので、手を動かす距離が大きくなってその分しんどいです。

ソファに座ったり体育座りやあぐらをかいて、いくらか固定して操作したらいいやんという意見もありますが、首がしたに向くので今度は首が疲れるんですよ。

Magic Keyboardをつけたり、別スタンドをつけて、デスクの上でパソコンみたいに作業する分は気になりませんが、手にとってタブレットとして使うには15分が限界ですね。

iPad Pro 12.9インチって持ち運びが不便?

12.9インチのデメリットといえば、持ち運びが不便みたいな意見もあると思うんですが、僕にとっては持ち運んでいる時点で11インチと12.9インチどちらを選んでもあまり変わらないと思います。

カタログ上や実際に両方を手にとって比較すると、確かに12.9インチの方が重いねってなるけど、11インチもそんなに変わらないです。いや、変わるんですけど、比較したらって話ですよ。長時間手に持ってればどっちを選んでても次第に腕が疲れてくるのでそう言った意味でもどっちでも一緒ですよって話ですね。

どちらを選んでもバッグが持てなくなるほど重くなるわけではないし、そもそもiPadを持ち運ぶ時ってポーチに入れて、さらにリュックに入れてとかするとか思うので、あなたが使うポーチやリュックの重さによっても、結果的に総重量や感じ方は変わってくると思います。

というか、リュックの時点で、ある程度の重さまでは人はしょえるようになるので重さについてはあまり気にしなくていいかもですね。

iPad Pro 11インチと12.9インチどちらを選ぶべき?【比較まとめ】

 

こうして改めてメリットを洗い出してみても、やっぱりほとんどの人が11インチを選ぶべきです。

なぜかと言うと、11インチってめちゃめちゃちょうど良いサイズなんだからです。

Magic Keyboardをつけたり、別スタンドをつけて、デスクの上でパソコンみたいに作業するのもOK。

タブレットとして気軽に使うのもOKって感じですごく使いやすいです。

iPadに限らず全てのタブレット端末って本来「気軽に扱える」が良いところがメリットだと思うんでけど、11インチのiPad Proは気軽に扱えるし、しかも性能はパワフルって言うのが魅力だと思います。

11インチiPad Proを使っていて困ることってほとんどないですし、僕自身も1度も困ったことがないのでほとんどの人は11インチで十分です。

じゃあiPad Pro 12.9インチってどういう人が買うの?

結論、画面がより大きいことによって作業効率が上がる人ですね。

例えば以下のような人

・イラストを描く人

・写真編集をする人

・動画編集する人

上記のとおりです。

誤解のないようにお伝えしておきますが、さっきもいったようなことって実は11インチでも全然何も問題なくできるんですよ。しかも不満なくできます。

ではなぜあえて12.9インチのiPad Proをおすすめするか。

これに関してはちゃんとした理由があります。

もったいぶらずにいうと、イラストを描いたり、写真編集・動画編集したりって言うのは、画面が大きい方が効率が上がることの方が多いから。

ある程度精通して頻繁に行うようになった場合は「特に」です。

iPad Pro 12.9インチってそもそも11インチを使ったことがある人じゃないとその良さがわからない

12.9インチの良さっていうのは11インチを横にポンと置いて、同じ作業をして、じっくり比較したときに初めて「あー確かに12.9インチいいかもな」ってわかる。それくらいのレベルなんですよ。

ほんと誤差って感じですね。でもいろんな作業をする上で、プロレベルとか、プロまでは行かなくてもお仕事でしたりとかする場合て、その誤差が非常に大事なんですよね。

そのほんのちょっと効率の違いっていうのが今後の人生の時間短縮にもなりますし、クオリティももしかしたら上がるかもしれない。そしてそれがずっと続くかもしれない。

そう考えると、12.9インチの方が価格も高いんですが、十分に価値があるかもしれないですよね。

一瞬一瞬は0.2秒しか効率が違わないかもしれないけれど、何日も何ヶ月も何年もって期間で行けば、ものすごい効率やクオリティが上がるので、そういった意味で12.9インチの方がおすすめですね。

あなたは11インチと12.9インチのiPad Proどっちを選ぶ?

いかがだったでしょうか。

記事中でもいいましたが、ほとんどの人は11インチのiPad Proで十分です。

 

もしあなたがイラストを描いたり、写真編集・動画編集をしたりする場合は12.9インチを選ぶべきです。

The following two tabs change content below.

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

-iPad, ガジェット

© 2021 161ろぐ Powered by AFFINGER5