UQモバイルとPovo

ガジェット

携帯料金値下げ!UQモバイルとPovo結局どっちがおすすめ?比較あり

考えている人

今3大キャリアを使っているけど料金がめちゃめちゃ高い!できれば乗り換えたいけどUQモバイルとPovoどっちがいいんだろう?

上記のような人向けです。

本記事の内容

・UQモバイルとPovoどちらがおすすめか

・なにが違うの?UQとPovo

・それぞれのメリット、デメリット

・auから乗り換えるときの手数料はかかる?

・あなたはUQモバイルとPovoどちらが向いている?

本記事の信頼性

携帯ショップ店員が書いております。

営業成績1位とかなり多くのお客様を満足させておりますので、ぜひ安心して読み進めてください。

UQやPovoに変えるとあなたの毎月のスマホ料金はガクッと落ちます。大体1,400円〜2,480円ほど。

通信速度も早く、使えるギガ数も3GB〜20GBほど。

これを聞いても、まだ3大キャリアを使っている人はやばいかもです。

なぜって、コスパがめちゃめちゃ悪いのに、ずっと使い続けるのはもったいなすぎるからです。

「わからない」や「めんどくさい」で税金レベルに高いスマホ料金を払い続けるのはやめましょう。

今回の記事では、数ある格安の中でも、特に人気のUQモバイルとPovoについて比較しつつ、あなたにピッタリの格安通信はどれなのかを解説します。


ぶっちゃけUQモバイルとPovoどっちがおすすめなの?

結論は以下のとおりです。

月に使うギガ数が15GB未満ならUQモバイルがおすすめです。

データを気にせず使いたい人はPovoがおすすめです。

なぜなら、価格が安いから。以下詳しく解説していきます。

UQモバイルとPovoの料金比較

以下、それぞれの料金表をごらんください。

UQモバイル

UQモバイル

Povo

Povo

見てのとおり、一番安いのはUQモバイルですね。最低でも3GBも使えますし、余ったギガは翌月に繰り越すこともできます。

一方のPovoは2480円(税込2,728円)で20GBも使えます。とはいえ、20GBも使うかはビミョーですが。

ちなみに月間データ容量を超過したときのそれぞれの速度は以下のとおりです。

・UQモバイル 最大1Mbps

・Povo     最大1Mbps

1Mbpsって文字のみのメールくらいしかできません。LINEもかなりラグが起きる通信速度です。

月間データ容量を超過したときは、どちらも実質なにもできなさそうですね。

結論

・とにかく安く持ちたいという人はUQモバイルが圧倒的におすすめ。

・バランスがとれている方が良い人はPovoがおすすめ。

なにが違うの?UQモバイルとPovo

UQモバイルPovoの違いは正直あまりありません。

料金の違いの他には、ぶっちゃけ店舗があるかないかの違いくらいです。

店舗があるかどうか

UQモバイルには店舗がありますがPovoは完全にオンラインのみです。

店舗にいけるかどうかは、「安心感」につながりますよね。

Povoは完全にオンラインになっているので、トラブルが起きたときに誰にも聞けずに途方に暮れてしまいます。

一方のUQモバイルはプランのことや手続きのことについても店舗で詳しく聞くことができます。

アフターサポートも手厚いので、安心して契約できるでしょう。

回線速度

回線速度はどちらを選んでもほとんど変わらないです。

UQモバイルもPovoも15Mbps~40Mbpsほど。

これくらいの速度が出れば4K動画の再生もサクサクです。

UQモバイルのメリット

以下のとおりです。

・学割が使える

・店舗がある

・機種変更ができる

学割が使える

5才〜18才までなら学割料金になります。

以下がその料金表になります。

めちゃ安いですね。

UQモバイルはSIMだけじゃなく、端末も販売しています。

店舗はもちろん、オンラインでも機種変更できるのが良いですよね。



Povoのデメリット

Povoのデメリットは2点あります。そしてこの2点がかなり痛い。

・機種変更ができない

・店舗がない

Povoでは機種変更ができない

意外かもしれませんが、Povoはプランしか提供しておりません。

つまり、機種変更ができない。今後機種を新しくしたい場合は、アマゾンなどでSIMフリーのスマホを自分で用意する必要があります。

Povoには当然店舗がない

さきほどもちょこっと触れましたが、店舗がないとトラブった時に困ります。

スマホの簡単な操作などもauショップでは受け付けてもらえなくなります。

全て自己責任になるため、少しでも心配な人はUQモバイルにしておくのがおすすめです。

Povoのメリット

・月額220円でデータを無制限にできる

月に20GB以上使いたい人は基本料金に220円プラスすることで無制限にできます。

3,000円弱で使い放題にできるのは嬉しいですね。

auからUQモバイルやPovoに乗り換えるときの手数料はかかる?

auからUQモバイルやPovoに乗り換えるときは事務手数料も解約金もかかりません。

ただし、UQモバイルの場合は、転売防止のために「かかった金額は翌月に減算」します。

つまり、いったん立て替える必要があります。立て替えた翌月にかかった金額を差し引くということなんですね。

転売ヤーがいなくなればこういったものもなくなるのですが、なかなか難しいみたいですね。

またau→Povoにする場合、auのときにつけているオプションは夏頃までのPovoへの切り替えで継続されます。

引き継ぎされるオプション

・クレジットカード

・故障紛失サポート(AppleCareも含む)

・かえトクプログラム、アップグレードプログラム

結局、あなたはUQモバイルとPovoどちらがおすすめ?

これまで解説してきたことも踏まえ、UQモバイルPovo、あなたにはどちらが向いているのかを解説します。

基準は単純に「15GB以上使うかどうか」に加えて「店舗があった方が安心できるかどうか」「今後の機種変更を自分でできるか?」の3点です。

UQモバイルの15GBのプラン料金と、Povoの料金は一緒です。プランだけでみると15GB以上使う場合はPovoの方が良さそうに見えますよね。

でも実際は、プランだけじゃなく、「今後の機種変更」や「店舗があるかどうか」も含めよく考えた方が良さそうです。

というか、15GBもあれば大半の人は十分なので、特にこだわりがなければUQモバイルを強くおすすめ。

理由は今度のアフターサポートもあって、機種変更もできるからです。

前置きが長くなりましたが、結論です。

UQモバイルが向いている人

・毎月使えるギガが15GB未満の人

・今後の機種変更を安心してしたい人

・店舗のアフターサポートを受けたい人

・5才~18才の人(学割が使えるから)

ポイント

・全ての手続きを自分でしたい人

・データを20GB以上使う人

さぁ、今日あなたはどっちを選びますか?



The following two tabs change content below.

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

-ガジェット
-, ,

© 2021 161ろぐ Powered by AFFINGER5