ガジェット

Wi-Fiルーターが繋がらない?寿命を迎えたら買い替えよう【選び方】

今使っているWiFiルーターが最近繋がらない・・・どうしよう。という人向けの記事です。
  • 突然繋がらなくなるWiFiルーター。
  • 充電がよく切れる
  • 常に充電しておかないといけない

それって寿命を迎えてませんか?

本記事の内容
・WiFiルーターの寿命をチェック
・ルーターを買い替えるときの選び方
・おすすめできるWiFiルーター

目次

そろそろ変えどき?WiFiルーターの寿命をチェック

結論さきほども書きましたが以下の場合だとあなたが持っているWiFiルーターは寿命を迎えてます。

  • 突然繋がらなくなるWiFiルーター
  • 充電がよく切れる
  • 常に充電しておかないといけない
  • 挙動がおかしい
  • 動作が遅い
  • 端末が熱を持つ

こういった場合は明らかに寿命を迎えているので買い替えをおすすめします。

なぜなら、ルーターはいま持っている端末代を払え終えていれば買い替えしても今の料金と変わらず持つことができるからです。

ルーターを買い替えるときの選び方

ルーターを買い替えるときには以下のことを意識して選ぶのがポイントです。

・用途(インターネット閲覧用、ゲーム用等)
・何を重視するか(エリア・速度)
・料金(月額料金・解約金)

用途で選ぶ

まずはあなたがルーターを持つ理由を探っていきましょう。

ここでは分かりやすく「ゲーム用とそのほか」の2点で切り分けていきます。

ぶっちゃけゲーム用以外であれば大体のことはモバイルルーターで事足ります。

ゲーム用

PUBGや荒野行動、モンハンなどオンラインゲームを中心にやる方はモバイルルーターではとてもじゃないですが、速度的にかなり厳しいです。「住んでいる地域柄モバイルルーターを持つしかない」という方以外は光回線を導入することをお勧めします。

ドライブ光に関しての記事もまとめてます。

ネットサーフィン、SNS、スマホゲーム(その他)

がっつりしたオンラインゲーム以外であれば、モバイルルーターで大丈夫です。

上の二つのルーターはどちらもドコモ回線なのでエリアがかなり広く速度も安定しているのでかなりおすすめです。
Cモバイルはドコモ回線のなかでもXiR(クロッシィ)というより繋がりやすい回線を使っているので、電波が入りにくいという方はCモバイルをおすすめします。
逆に速度を重視したいという方はDrive WiMAXをおすすめします。
また電波が入りにくいということがない方にもおすすめします。

月額料金・解約金

エリアや速度等を調べて、ある程度どのルーターするか決まればあとは料金で比較していくだけです。

上記で紹介したDrive光(DriveWiMAX2も含む)とCモバイルの料金を比較していきましょう。

Drive光

Drive光公式ページ

料金プランは基本的にスタンダードかプレミアムのどちらかになります。

ここにスマートエッジ割引が入るので結局は2枚目のスマートエッジ割4,980円、ギガ5,280円になります。

ちょっと公式の料金表が分かりにくいので問い合わせたところ2枚目のスマートエッジ割はスタンダードプラン(スタンダードプランにスマートエッジ割が効いて4,980円)のことを指しており、ギガ*2はプレミアム(プレミアムプランにスマートエッジ割が効いて5,280円)のことを指しています。

スタンダートプラン(スマートエッジ割)とプレミアムプランの違いは回線の速さだそうです。スタンダードでも1GBはでるのですがプレミアムだともっと早い速度で通信を行えるとのこと。

一般的にはスタンダードプランで十分ですが、より速い方が良いという方はプレミアムプランで良いでしょう。

スマートスーパーはちょっと特殊なプランだそうで、工事で穴あけが必要な人が対象となるそうです。

DriveWiMAX

ドライブWiMAX2の公式ページ

ドライブWiMAX2の料金プランは高速通信タイプと月額料金が安いプランの2展開です。

驚くことに高速通信タイプの速度は2ギガです。めちゃ早いといわれている光回線の速度は1ギガがほとんどです。つまり光回線より速いということになります。しかも価格も光回線を導入するより比較的安いです。(光回線はだいたい固定+ネットで5500円前後)

そんなに速い速度は必要ないという方は安いスーパーライトプランで良いでしょう。

どちらも数年使うと月額料金が安くなります。

Cモバイル

Cモバイル公式ページ

Cモバイルの料金プランは「使い放題プラン」と「5G制限プラン」の2展開です。

順番に解説していきます。

使い放題プラン

使い放題プランは文字通りギガ数が使い放題のプランです。

モバイルルーターのほとんどは1か月7ギガまでしか使えないことがほとんどですが、Cモバイルは制限なしで使うことができます。しかも月額3600円とかなり安いです。エリアも広くて、制限なしで、月額料金が安いというのは最大の魅力ですね。

5G制限プラン

5G制限プランとは1か月に使えるギガ数が5ギガまでというプラン。

5ギガの上限がある代わりに月額料金がさらに安い2800円です。

ゲームや動画を見ないという方は5GBもあれば十分ですよね。

解約金

それぞれのサービスの解約金は以下の通りです。

Drive光:19500円

Drive WiMAX2:19,000円

Cモバイル:9,500円

解約金はぶっちゃけ重視しなくてもよい

ぶっちゃけて言うと、解約金は重視する必要はないです。

なぜならWiFiそのものが短いスパンで乗り換えするものではないからです。

勘違いしている方もいらっしゃいますが、解約金とは「そのサービスから更新月以外に脱退することによってかかる料金」です。つまり機種を変えるときは解約金はかかりません。

更新月とは「この期間内であればうちのサービスを辞めても解約金はいただきませんよ」といった期間です。2か月~3か月ほど設けられていることがほとんどです。

辞めるにしても更新月に辞めれば1円もかからない、もしくは乗り換え先で「乗り換えキャッシュバック」が発生して、解約するのにかかったお金をもらえることが多いのでぶっちゃけ解約金重視で選ぶのはナンセンスです。

まとめ

・回線の速度や安定を重視するならDrive光

・気軽に持ち運びができて、速度を重視するならDriveWiMAX2

・気軽に持ち運びができて、エリアの広さと安定を重視するならCモバイル

Drive光を申し込む方はこちら

DriveWiMAX2を申し込む方はこちら

Cモバイルを申し込む方はこちら

The following two tabs change content below.

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

-ガジェット