音楽

サウンド・音楽クリエイターになるならDTMスクール・専門学校・大学?

サウンドクリエイターになって音楽で食べていきたい人向けの記事です。

おすすめDTMスクール
シアーミュージック

全国エリアの教室。音大卒や専門卒の講師が担当する。
地方にお住いの方におすすめ

目次

サウンド・音楽クリエイターになるならDTMスクール・専門学校・大学?

音楽で食べていくにはDTMスクール・専門学校・大学のどちらが良いのでしょうか。

結論はDTMスクールです。以下が理由です。

・専門学校・大学だと選択肢が狭くなるから
・DTMスクールは自由度高い
・DTMスクールは料金が安い

順番に説明していきます。

また記事の途中で、サウンドクリエイターとしてのロードマップを載せておきますので参考にしてみてください。

専門学校・大学だと選択肢が狭くなる

繰り返しになりますが専門学校・大学に通うのは選択肢が狭くなるのであまりおすすめしません。

というのも音楽一本で食べていくのは難しかったりするので、途中でやめようと思ったときや将来の夢・やりたいことが変わったときに専門学校・大学だと対応ができません。また実際にやめたときもニートまっしぐらです。

一方DTMスクールでは専門学校や大学よりも実用的・実践的なものを学ぶことができ、コネも作ることができます。また現在学生や社会人の方でも、今の状況や将来のビジョンを壊すリスクが0です。もう少しかみ砕いて説明すると

大学生(経済学部)×DTMスクール
社会人(営業)×DTMスクール

というように得意分野やメイン分野の知識は技術を維持しつつ、DTMスクールで音楽に関しての実践的なことを学び、コネをきっかけもしくは独立して、サウンドクリエイターの道を狙う。というのが現実的ですし、成功しやすいです。

実際私の周りで音楽関係の専門学校や大学を卒業した人で音楽の仕事についている人なんて0です。逆に能動的にDTMスクールに通い自主勉強している人の方が音楽関係のお仕事に携わっています。

DTMスクールは自由度が高い

DTMスクールは好きな時間や期間を決めて通うことができるので、なにかと忙しい大人にはうってつけの選択肢です。

また「続くかどうかわからないから短い期間で試してみたい」という人でも

例えば3か月間だけ、半年だけ、と通う期間を選べます。

またレッスンを受ける時間も、「お昼は用事があるので、午前中と夕方それぞれ1レッスン受ける」という選択をすることも可能です。効率的ですよね。

レッスン内容を絞って学べる

DTMスクールではレッスン内容を絞って受けることができます。

つまり自分が知りたい分野や伸ばしていきたい分野だけを講師から学ぶことができます。例えばを以下のような感じです。

・作曲が苦手だから曲作りのコツだけを学びたい
・演奏が苦手なので効果的な練習方法を学びたい
・ネットで編曲のお仕事を受けたので講師からのアドバイスが欲しい

こんな感じで自分が知りたいことだけを学ぶということもできます。

専門学校や大学のようにあらかじめ設定されているカリキュラムに縛られないのでムダな時間もありませんし、単位などもありません。無意味なレッスンを受けないといけないこともありません。

DTMスクールは料金が安い

DTMスクールは料金が安いです。その差は専門学校や大学と比べてもかなり安いです。

料金が安い上にレッスンのクオリティが高いのでもはやDTMスクールを選択しない理由がありません。

例えばおすすめしているシアーミュージックの料金ですが

通常レッスン マンツーマンレッスン
レッスン数/お月謝 月2回 / ¥10,000(税込¥11,000)※1レッスン当たり5,000円
月3回 / ¥13,500(税込¥14,850)※1レッスン当たり4,500円
月4回 / ¥16,000(税込¥17,600)※1レッスン当たり4,000円←一番お得
レッスン時間 1コマ 45分
レベル 趣味志向の方からプロ志向の方まで
備考

<月4回コースがお得!>〜どっぷり音楽ライフに浸かりたい人にピッタリ〜
・1レッスン当たりの金額がお得(5,000円→4,000円)

※レッスンは、1レッスン¥4,000(税込¥4,400)で追加することが出来ます。
※入会金は\10,000ですがキャンペーン時期によって安くなるので入会時に聞いてみることをおすすめします。

月4コースにすれば1レッスンにつき4千円です。年間100万近く払う専門学校・大学に比べてめちゃ安いですよね。

サウンドクリエイターとしてのロードマップ

サウンドクリエイターになるには以下のようなロードマップ(方法・手順)があります。

未経験→DTMスクール→コネ→サウンドクリエイター
未経験→DTMスクール→自主制作・販売→サウンドクリエイター
未経験→趣味で楽器を始める→バンド→サウンドクリエイター
未経験→独学→自主制作・販売→サウンドクリエイター
未経験→専門学校・大学→コネ→サウンドクリエイター
未経験→専門学校・大学→就職先見つからずニート
だいたいこんな感じですね。おすすめはDTMスクール×独学です。
レッスン以外の時間でも学習に取り組む人は当たり前ですが伸びが早く、技術もメキメキと上達していきます。

まとめ

というわけで今回はサウンドクリエイターを目指すらならDTMスクールに通えばいいのか、専門学校あるいは大学に通った方いいのかについて解説しました。

結論は以下の理由から、DTMスクール一択ですね。

・専門学校・大学だと選択肢が狭くなるから
・DTMスクールは自由度高い
・DTMスクールは料金が安い

まずはお試しでレッスンを受けてみて、通うかどうか決めるのが良いと思います。

通うときもあまり構えず「とりあえず1か月やってみるか」くらいの軽い気持ちで大丈夫だと思います。

お試しでレッスンを受ける

・無料体験レッスンあり
・無料でブース使い放題
・マンツーマンだから初心者でも安心
・自分の好きな講師が指名できる
・プロモーション活動を全面バックアップ
・ライブ・イベント・発表会が充実
・北海道~沖縄まで日本全国に展開

The following two tabs change content below.

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

161P

161P。音楽経験0から独学で作曲家・編曲家になった人物。 作詞・作曲はもちろん、編曲、MIX・マスタリング等全ての工程を一人で完結させている。 現在では、ボカロPとしての活動を行うほか企業やレーベルに楽曲提供を行っている。またYouTuberへBGM・SE提供なども手掛けている。

-音楽